2024.3.12

2024.3.12

セリーヌのバッグ修理、正規サービスと鞄修理専門店、どちらがおすすめ?

array(1) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#12264 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(452)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "154"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(452)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
時計
セリーヌのロゴ

ファッションの世界にはオートクチュールを始めとしてフレグランス(香水)・バッグ・財布・アクセサリーなど様々なアイテムが存在しますが、1945年にフランス・パリで創業して以来、流行の浮き沈みに翻弄されながらも、今もなおハイ・ブランドとして君臨している老舗ブランド、セリーヌが得意としもっとも有名なコレクションがバッグ・アイテムです。

元々セリーヌは創業者であるセリーヌ・ヴィピアナが夫と共に自身の子供用に制作した革靴がルーツとなっており、1945年の創立時にはオーダーメイド高級子供靴専門店として開業しました。

優れた靴職人・皮革職人を抱え、手作業で丁寧に製造されたセリーヌの子供靴は、スタイリッシュでしかも履きやすいと評価を獲得、瞬く間にパリの上流階級を中心に人気を博します。

次第に顧客から子供用だけでなく、婦人用革靴のオーダーを依頼されるようになり、1959年に婦人靴の本格販売をスタートします。

この事業で現在のトレードマークとなる、馬具である轡(くつわ)型の金具付きのモカシンタイプ婦人靴「インカ」を発表し、大ヒットを飛ばしセリーヌは一躍人気ブランドへと昇りつめるのです。

そして1966年、現在セリーヌのメインコレクションとなっているバッグの製造へ乗り出し、馬車の柄とバックルが特徴の「サルキーバッグ」が世界中でヒット商品となり、1967年にスタートした高級既製服「プレタポルテ」の発表と共に世界トップファッションブランドの名声を獲得します。

「Bon Chic Bon Genre/フランス上流階級の上質な暮らし」をテーマとした、セリーヌのトータルコレクションは、略称「B.C.B.G」と呼ばれ、世界中のセレブ層にセリーヌは愛用されるようになります。

しかし、セレブの上流階級をメインターゲットとしたセリーヌは、1980年頃から高齢者向けのイメージが付き始め、若者層の支持を失ったセリーヌは衰退の一途を辿ります。

その後、フィナンシェル・アガッシュ社に所有権を買収されたセリーヌは、フィナンシェル・アガッシュ社がLVMHグループに買収されたことでLVMHグループ傘下ブランドとなります。

これを機にセリーヌはデザイナーを一新し、「ラゲージ」、「トラぺーズ」、「スモールカバ」等、新たなバッグコレクションの創造に成功、再び世界トップブランドの地位に返り咲く事になるのです。

優れた職人による独自の素材加工・縫製技術、他ブランドにはない魅力を持つデザインのセリーヌ・バッグコレクションですが、セリーヌのバッグは厳選された上質な天然皮革に独自の加工を施した素材が採用されているため、雨や水分が付着した場合は乾いた柔らかい布でふき取るなど、日常のお手入れも大切です。

一度手に入れると使い込むほど味が出て愛着の湧く、セリーヌのバッグは永く良好なコンディションで使い続けるために壊れたり傷みが生じた場合正規ブティックに持ち込み、リペアサービスを受けることができます。

また、もろもろの事情から正規リペアサービスを利用しない人もおり、優秀な技術を持ったバッグ・皮革製品修理専門店に持ち込む人も多いです。

ここでは、セリーヌのバッグについて、修理に対する正規サービスとバッグ・皮革製品修理専門店の対応に違いを紹介します。

お手持ちのセリーヌバッグ・コレクションを修理・リペアすることをお考えの方は、この機会に是非読んでみてください。

セリーヌのバッグコレクション達はどのくらい使い込むと修理・リペアが必要になるのか

熟練した職人の技術により製造されたセリーヌのバッグは、上質な天然皮革に独自加工を施した素材を採用しており、毎日使用することで経年劣化や負荷の程度により年数が経つと、劣化による損傷・また使用している金具類も破損や傷みが生じてきます。

バッグの場合、主に経年劣化・傷みの生じやすい箇所は、持ち手・底部・ジョイント金具部品などです。

このような場合は傷みのある箇所をリペアすることになりますが、破れの場合は縫製のし直し、革部分のパーツ劣化・破損の場合はパーツを交換、金具パーツ類の損傷・劣化の場合は金具パーツを交換します。

セリーヌの製品は全て定期的なメンテナンスを施しながら、長期間使用することを想定して製造されています。

ですので、日常使用する際のお手入れも重要ですが、購入から数年経過したバッグについては、修理・リペアの検討が必要です。

セリーヌバッグの正規メンテナンスサービスとは

セリーヌは製品に対する様々なアフターサービス・リペアサービスのためクライアントサービスを設けており、所有しているユーザーが安心して使い続けることが可能な体制を取っています。

正規クライアントサービスは本物であることが確認できた製品については、フランス本社の工房と同じ優れた技術を持った専属職人が、本国から用意した純正の部材を使用し、丁寧且つ信頼の置ける作業で修理・リペアを行う形です。

セリーヌバッグのメンテンナンスは対外的に明確な料金を提示しておらず、基本は受付窓口である全国の正規輸入販売代理店が製品をいったん預かり、見積りを出した後に作業を進める形になっています。

料金・納期は修理・リペア個所・モデル種類によって使用する部材や作業工程が異なるため、製品預かり後の連絡となります。

また、セリーヌでは2010年度~現在までのコレクションについてはメンテナンス・修理リペアを受け付けていますが、2010年度以前のモデルについてはメンテナンスサービスを終了しており、受付・作業は不可ですので、お手持ちの保証書等で製造年を確認する必要があります。

セリーヌのバッグを正規サービスに修理・リペアに出す場合、予算・納期に関しては余裕を持って依頼した方が良いでしょう。

  • 日本担当正規サービスへ製品を預けるため安心できる
  • 料金・納期は全て製品預かり後の連絡となる
  • 2010年度~現在までのコレクションについてはメンテナンス・修理リペア可能だが2010年以前の旧モデルは受付・修理作業共に不可

内容を直接正規サービスへ相談したい場合

セリーヌ 表参道(旗艦店)住所:東京都港区北青山3-5-29 TEL:03-5771-4801(店舗が電話に出ない場合自動的にセリーヌ・カスタマーセンターへ転送)営業時間:11:00~20:00

:基本的に全国のセリーヌ取り扱い正規ブティックが受付窓口

出典:セリーヌ公式サイト

正規サービスより依頼がしやすく料金もお得なバッグ修理専門店

セリーヌのバッグを修理・リペアしたい場合、正規サービスでは製品を預かり後見積りになり料金が事前に把握できず、納期も不明などの理由から、他の依頼方法を探しているユーザーもおり、そういった際には優秀で実績のあるバッグ修理専門店に依頼すると良いです。

バッグ修理専門店へ修理・リペアを依頼するメリットは料金が正規サービスよりお得な事、修理内容について融通が利く事、納期も早めに仕上がる事が挙げられます。

逆にデメリットは、あくまでブランド正規の修理ではない事、修理店によって技術力に差があり、依頼先によっては仕上がりにバラツキがあることが難点です。

修理専門店によって料金はバラつきがありますが、修理・リペアの平均相場を見てみましょう。

セリーヌバッグ修理可能箇所 修理料金(概算)
ホック交換 4,950円~
スライダー交換 2,750円~
ジッパー交換 6,000円~
ハンドル交換(2本) 14,300円~
ショルダーベルト交換 18,700円~
ライニング(内張り)交換 22,000円~
その他 要見積り

このような料金設定で、正規サービスの対応は全て見積りなので料金がすぐ分かりませんが、バッグ修理専門店の場合、箇所ごとに基本料金が設定されており魅力的です。

納期の方も正規サービスだと納期が預かり後返答なのに対し、基本約3~4週間で納品してくれるので、便利で利用しやすくなっています。

依頼の際、注意点としては、セリーヌのバッグは非常に高度な技術で製造され、素材も上質な天然皮革等を使用しているため、良い評判と実績を持った優秀な修理専門店を選ぶ事が大切です。

バッグ修理専門店を利用する場合優れた職人が在籍するお店を選ばなくてはいけない理由

セリーヌに限らず、有名ブランドのバッグ類を修理・リペアする場合は、必ず優れた技術を持った職人が在籍する修理店を選ぶ事がとても重要になります。

なぜなら、バッグ修理専門店はお店により在籍する職人の技術レベルが異なるため、技術や経験の浅い職人が作業を行うと、持ち込まれたバッグの状態を見極めることができず、作業・縫製の質が下がってしまい、満足する仕上がりにならないことが多い為です。

セリーヌバッグの修理・リペア経験を豊富に持ち、優れた技術を備えた職人が作業を手掛ければ、劣化・傷んだ部分を購入時のような良好な状態に取り戻すことが可能です。

そのため、バッグ修理店の情報をできる限り集めて、さらにお店の口コミや実際に職人に相談して、信頼できるお店かどうか見極めることが大切になります。

セリーヌのバッグをバッグ修理専門店に修理・リペア依頼するメリットは

  1. 正規サービスよりも料金がお得・納期も早い
  2. セリーヌのバッグを修理・リペアした経験が豊富で技術の高い職人が担当すれば高品質な仕上がりが期待できる
  3. 経験豊かな職人ならば細かい点まで相談でき優れた提案もしてくれるので安心

セリーヌのバッグを修理・リペアしたい場合正規サービスより優秀な実績を持つバッグ修理専門店の方がお得で安心できる

セリーヌのように上質な天然皮革等を独自加工した素材を使用し、熟練した職人の手によって高品質に仕上げられたバッグを、長年の使用で壊れた個所などを修理・リペアしたい場合、通常は正規カスタマーサービスか正規取り扱いブティックに依頼するのが普通です。

ですが、料金や納期などもろもろの事情から正規サービス以外の依頼方法を探している方は、優秀な実績を持ち、経験値・技術の高いバッグ修理専門店に依頼するのがおすすめになります。

しかし、あくまでブランド正規の修理ではない事、修理店によって技術力に差があり、依頼先によっては仕上がりにバラツキがある為、良く調べた上で良質な修理店を見つける事が肝心です。

依頼後、仕上がりに不満の出ないよう、優秀な信頼の置けるバッグ修理専門店を選択し、愛用のセリーヌバッグを見違えるようにリニューアルしましょう。

入力内容の確認

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています