2021.9.27

2022.2.3

オリスのオーバーホールのオーバーホール正規サービスと腕時計修理専門店の料金の比較どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#9070 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(164)
    ["name"]=>
    string(14) "オリス/ORIS"
    ["slug"]=>
    string(4) "oris"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(164)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(2)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "44"
    ["cat_ID"]=>
    int(164)
    ["category_count"]=>
    int(2)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(14) "オリス/ORIS"
    ["category_nicename"]=>
    string(4) "oris"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#9075 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(229)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "57"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(229)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
オリス/ORIS
オリスのロゴ

1904年ポーリ・カッティンとジョージ・クリスチャンの2名によってスイスのヘルシュタインで創業されたオリスは、懐中時計の製造から始まり、1925年には本格的な腕時計の製造に乗り出しました。

創業当初から徹底した自社製ムーブメントにこだわり、その卓越した技術はパイロットウォッチとして進化を遂げパイロットの操作性やダイヤルの視認性を追求した腕時計、ビッグクラウンが誕生します。

さらにオリスのムーブメント技術は進化を続け、1949年には当時としては画期的な8日間のパワーリザーブを実現し、アラーム機能も付属したアラームクロックを発明、この機能はのちの腕時計にも搭載されるオリスの看板機能として位置付けられます。

そして1952年、オリスとして初となる自動巻きムーブメントを発表し、名キャリバーの呼び声も高いキャリバー601が搭載されオリスの評価は一段と高まりました。

オリスはその後、代表作となる回転べゼルを備えた100m防水のダイバーズウオッチを開発し、2年後にはクロノメーターの認定を受けます。

それからもオリスは革新的なムーブメントの開発を続け2002年に発表した機械式ムーブメント、レッドローターは現在のオリスのトレードマークになり、コストパフォーマンスの高い高品質な腕時計を製造するというオリスの哲学は世界的な評価を獲得することになるのです。

そんなオリスの高品質な腕時計も定期的なメンテナンス無くしては最高のパフォーマンスを発揮することができず、快適に使用することが難しくなります。

精巧かつ高機能であるからこそメンテナンスは必要不可欠なものとなり、特にオーバーホールは自動車が定期的な点検や車検を行わなくてはいけないように必ず行わなくてならないものです。

オーバーホールの基本的な作業は預かった腕時計をいったん分解・清掃し摩耗した部品や不具合が生じていれば部品交換や修理を行い、注油・精密点検の後防水検査・最終検査を経てユーザーの手元に帰ってきます。

このオーバーホールという作業があるからこそオリスの高性能な腕時計は、時の流れにも耐え、購入時と同じ精度を持って動き続けることができるのです。

オリスのオーバーホールは正規販売代理店が窓口となり、正規サービスセンターで厳密な作業が行われるのが通常です。

しかし納期や料金的な問題などもろもろの事情がある人は技術の高い腕時計修理専門店を利用する人も多く、おすすめの方法となっています。

ここではオリスのオーバーホールに際して正規サービスセンターと腕時計修理専門店の違いやメリット・デメリットについても紹介していきますので、オリスの腕時計をすでに所有している人もこれから購入を検討中の人にも有益な情報がありますので、ぜひ読んでみてください。

オリスのオーバーホール期間はどのくらいで行ったらよい

創業当初から自社製ムーブメントにこだわるオリスの腕時計には定期的なメンテナンスが必要であり、特にオーバーホールは必ず行わなくてはいけない必須事項になります。

オリス正規販売代理店や正規オリスサービスセンターではメインとなる機械式ムーブメントの場合、3年~5年使用期間が経過したものに関しては必ずオーバーホールを受ける事と強く推奨しています。

オリス正規サービスセンターへオーバーホールを依頼するとどのくらいの納期と料金になるのか

オリスのオーバーホールに関しては正規販売代理店が受付窓口になっており、または東京にあるオリス正規サービスセンターへ直接依頼する形になります。

ではオリスの腕時計を正規サービスへオーバーホール依頼した場合、いったいどのくらいの料金になるのでしょうか。

正規オリスサービスセンターオーバーホール料金

タイプ・仕様オーバーホール料金
手巻き式ムーブメント49,500円
自動巻きムーブメント49,500円
自動巻きムーブメント(スケルトン)69,300円
フライトタイマー(機械式ムーブメント)69,300円
アラーム(機械式ムーブメント)69,300円
ジャンピングアワー(機械式ムーブメント)69,300円
ワールドタイマー(機械式ムーブメント)79,200円
ムーンフェイズ(機械式ムーブメント)79,200円
クロノグラフ(機械式ムーブメント)79,200円

以上のような料金設定になっており、これらの料金はあくまでオーバーホールのみにかかる料金であって、作業工程の中で部品交換や修理作業が発生した場合には別途料金がかかってきます。

納期に関しては通常品で約1ヶ月、スイス送りや特殊品に関しては3ヶ月~4ヶ月ほどかかりますので、依頼する場合には十分な余裕を持って申し込んだ方が良いです。

オリスには並行差別がある

オリスの腕時計の場合正規販売代理店で購入したものに限って、オーバーホール料金が44%割引になる会員特典があり、オーバーホールや修理料金が優遇されています。

この制度は並行輸入品には適用されませんので、並行輸入品をお持ちの方や購入を考えている方には十分な注意が必要になります。

正規オリスサービスセンターへオーバーホールを依頼するメリットとは

  • 日本正規サービスが作業を手掛けるので安心感が高い
  • 正規代理店で購入の場合、修理料金が割引になる
  • オーバーホール後のアフターサービスが良い

オリスサービスセンターへ直接依頼したい場合には

オリスサービスセンター 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-11-1 巣鴨ダイヤビル共栄産業株式会社内 ☎03-3944-7676

出典:https://www.gressive.jp/satellite_site/oris/afterservice/#repairing

正規オリスサービスセンターよりお得な料金でオーバーホールしてくれる技術の高い腕時計修理専門店とは

オリスの腕時計をオーバーゴールに出す場合には、通常は正規販売代理店を通すか正規サービスセンターへ依頼するのが賢明です。

しかし並行輸入品の場合や料金や納期の関係で正規サービス以外にお願いしたい場合には、腕の良い優秀な腕時計修理専門店を利用するのもおすすめです。

オーバーホールの料金はお店によって異なりバラつきがありますが、ここでは平均相場料金で正規サービスと料金の比較を人気モデルで行ってみましょう。

アクイス
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円49,500円
クロノグラフ(機械式ムーブメント)30,800円79,200円
ビッククラウン
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円49,500円
ダイバーズ
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円49,500円
クロノグラフ(機械式ムーブメント)30,800円79,200円
プロパイロット
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円49,500円
ワールドタイマー(機械式ムーブメント)30,800円79,200円
アートリエ
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
手巻き式・自動巻きムーブメント19,800円49,500円
自動巻きムーブメント(スケルトン)19,800円69,300円
ムーンフェイズ(機械式ムーブメント)26,400円79,200円

このような料金設定になっており、正規オリスサービスセンターと比較すると大変お得な料金になっています。

納期の方もスピーディーで正規サービスなら通常約1ヶ月かかるところを、2~3週間で納品してくれるので非常に便利に利用できます。

しかしオリスのムーブメントはほとんどが自社製マニュファクチュールで独自の機能を持ち合わせているので、腕時計修理専門店に出す場合には、技術が高く評判の良い店舗に依頼しなくてはいけないので注意が必要です。

技術が高く優秀な腕時計修理専門店を見つけるには

我が国は腕時計に関しては世界のトップレベルともいえる先進国であり、腕時計修理専門店の数も数多く存在し、選択に困らない現状にあります。

しかし本当に優秀な腕の良い腕時計修理専門店となると数はおのずと限られ、見つけるのに苦労することになります。

ではどのように優秀な修理店を見つけるかですが店舗の規模や宣伝よりも、実際に利用した人の口コミや店舗に在籍している技能士の実力に目を向けてみるとよいでしょう。

腕時計を修理するには資格は必要ありませんが、実力を測るための国家資格があり、腕時計修理技能士といいます。

3級から始まり2級・1級とあり、1級腕時計修理技能士が最高の上位資格です。

1級腕時計修理技能士は上級資格として登録されている資格なので、1級腕時計修理技能士が在籍している店舗なら信頼度は高いといえます。

しかし店舗に来店すれば必ず1級腕時計修理技能士が作業してくれるわけではないので、来店した時には作業の内容や詳細をしっかりと確認することが必要です。

オリスの腕時計を腕時計修理専門店にオーバーホール依頼するメリットとは

  1. 正規サービスと比べて納期や作業面でかなり融通が利く
  2. 優秀な1級腕時計修理技能士が担当すれば正規サービスと質は同じ
  3. 特に並行御輸入品の場合、料金が正規サービスよりかなりお得

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

正規オリスサービスセンターより安価にオーバーホールができる腕時計修理専門店はケースバイケースでかなりお得

オリスのように自社製ムーブメントを徹底しており、複雑で精密な機能を持つ腕時計を正規サービス以外にオーバーホール依頼したい場合には優秀な技術を持った腕時計修理専門店を利用するのがおすすめです。

ですが腕時計修理専門店はその数の多さから店舗によって技術の高さが異なりますので、失敗しないように慎重に店舗を選ぶ必要があります。

そのためにあらゆる口コミや情報を集めて検討し、依頼する時には間違いの無い腕時計修理専門店を選ぶようにしてください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています