2023.6.2

2023.6.2

チュードル(チューダー)のアンティークやヴィンテージウォッチをオーバーホールするには、正規サービスと腕時計修理専門店、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#12182 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(179)
    ["name"]=>
    string(21) "チュードル/TUDUR"
    ["slug"]=>
    string(5) "tudur"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(179)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(6)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "109"
    ["cat_ID"]=>
    int(179)
    ["category_count"]=>
    int(6)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(21) "チュードル/TUDUR"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "tudur"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#12176 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(426)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "130"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(426)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
チュードル/TUDUR
チュードル(チューダー)のアンティークのオーバーホール

スイス発の腕時計ブランド、ロレックスは1905年の創業以来、腕時計の歴史に名を残す革命的な発明によって現在も世界最高峰の腕時計として名声を保ち続けています。

そのロレックス創業者ハンス・ウイルスドルフが、高品質の廉価版として1937年に開発・発表したセカンドブランドがチュードル(チューダー)です。

チュードル(チューダー)はロレックス独自の発明であるオイスターケースや文字盤等、基本となる部品は同じ仕様のものを使用していますが、一番コスト高である機械式ムーブメントに社製の使用を避け、当時ロレックスと取り引きがあった、スイス・ETA社の汎用ムーブメントを採用します。

これによりコストダウンを実現、本家ロレックスのコレクションより廉価で販売することに成功し、注目ブランドとしてたちまち注目を浴びます。

本家と基本性能が同じで、別途採用したスイスETA社製機械式ムーブメントの安定した性能もあり、当時大変高価だったロレックスのコレクションを敬遠していた一般層にチュードルは歓迎され、次々とヒットモデルを連発しました。

しばらくの間ロレックスのセカンドブランドとして着実にファンを獲得したチュードル(チューダー)は1990年代に入り独自路線を展開、ブラックベイ等のオリジナルコレクションが大ヒットしたことでロレックスの冠を外し、チュードル(チューダー)独自のステイタスを確立します。

現在はETA社製ムーブメント以外にオリジナルムーブメントを制作し、チュードル(チューダー)という一つの優れたブランドして世界中のマニアから支持されています。

そんなチュードル(チューダー)ですが、現行モデルが次々と新作を生み出し、ヒットを飛ばしている背景で、ロレックスのセカンドブランド時代に製造されていた旧型モデルが再評価されており、アンティークコレクションとして中古市場で高値が付き人気です。

しかし、アンティーク扱いのモデルは製造がすでに終了しており、製造から長い年月が経過しているため、定期的なメンテナンスがされていない固体や経年劣化が激しい時計になると、最高のコンディションを発揮することはできず、精度や動作に異常をきたし、最悪の場合動かなくなってしまい基本的な役割を果すことができません。

このような事態を避けるために定期的なメンテナンスは必須事項であり、特にオーバーホールは数あるメンテナンス作業の中でも基本中の基本といえ、数年に一度必ず行わなくてはならない作業になります。

現在、チュードル(チューダー)のメンテナンス・オーバーホールについては、全国の正規輸入販売代理店・チューダーブティックが受付窓口となり、正規チューダーサービスセンター、そして代行で日本ロレックスのサービスセンターも作業を担当する形です。

ですが、チュードル(チューダー)の交換部品保有期間を越えている、アンティークコレクションは全てスイス本社送りとなり、通常よりも高額なメンテンナンス料金で、納期も長期に渡ります。

このような事情から正規サービスを利用しない人もおり、アンティークモデルユーザーの中には優秀な技術を持っている腕時計修理専門店に頼む人も多く、おすすめの方法になります。

ここでは、チュードル(チューダー)アンティークモデルのオーバーホールについて、正規サービスと腕時計修理専門店の対応に関する違いを紹介していきます。

現在、チュードル(チューダー)のアンティークモデルを所持している方や、興味を持って購入を考えている人に耳寄りな情報を集めましたので、是非読んでみてください。

チュードル(チューダー)アンティークモデルを良好な状態で使用するにはどのタイミングでオーバーホールするべきか

製造からかなりの年月が経過したチュードル(チューダー)のアンティークモデルを良好に使い続けるためにどのくらいの期間で、メンテナンスに出す必要があるでしょうか。

チューダー正規販売店や正規チューダーサービスセンター・作業代行の日本ロレックスではチュードル(チューダー)の機械式手巻き式・自動巻きムーブメントは最低でも4~5年ごとにオーバーホールが必要と推奨していますので、アンティークモデルの場合は早急な作業が必要になります。

正規サービスにチュードル(チューダー)アンティークモデルのオーバーホールを依頼するとどのくらいの期間と料金がかかるのか

製造から長い期間を経過し、アンティーク扱いとなりすでに製造が終了しているチュードル(チューダー)のコレクションは、正規サービスのチューダーサービスセンターにオーバーホールを依頼するとどのくらい時間がかかり、料金はいくらになるのでしょうか。

正規サービスではコレクションに対して修理・部品交換用のパーツの保持期限が定められており、チュードル(チューダー)の場合は、製造終了後25年となっています。

そのため、すでに生産が終了しているチュードル(チューダー)のアンティークモデルは、ほとんどが純正部品の保有期間を過ぎており、正規サービスへオーバーホールを依頼すると、モデルの状態によってはオーバーホールを断られるか、作業可能の場合でも部品交換の際、現在の最新部品で代替される可能性が高いです。

アンティークモデルは全てスイス本社送りとなり、時計預かり後オーバーホール作業の可否を判断する形が取られ、モデルの年代によっては修理不能とされるケースもあります。

一例ですが、本家ロレックスの場合は、アンティークモデルで部品保有期間を過ぎたものはすべてスイス本社送りになり、莫大な料金で、さらに納期も1年以上かかるということですので、チューダーサービスセンターも同様の扱いになることを想定しなくてはなりません。

また、文字盤や針、インデックスの塗装に関しても最新部品の交換になるため、アンティークとしての資産価値が下がってしまうことも承知する必要が出てきます。

正規サービスへチュードル(チューダー)アンティークモデルのオーバーホールを依頼するメリット

日本正規代理店が受付窓口になるので安心感がある

アンティークモデルはスイス本社送りとなり時計預かり後オーバーホールの可否を判断する

機械式ムーブメントの状態次第では作業不可となり返却の場合もあり

直接正規サービスへ問い合わせをしたい場合

チューダーブティックBOLTE銀座 東京都中央区銀座7-5-4 TEL: 03-6263-8474

出典:チュードルのアフターサービス

代行修理問い合わせ

日本ロレックス〒100-8345 東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビル TEL:0120-929-570

出典:ロレックスのアフターサービス

正規サービスよりも臨機応変に対応してくれ格安でオーバーホールしてくれる腕時計修理専門店

チュードル(チューダー)のアンティークモデルをオーバーホールする際、部品保有期間が過ぎており、ムーブメントの状態で作業不可として返却されるなどの事情で、正規サービス以外に方法を探している場合、優秀な技術を持った腕時計修理専門店を選択する方法がおすすめです。

優秀な腕時計修理専門店なら、正規サービスでオーバーホールできないモデルでも受付してくれる可能性が高く、依頼の価値は十分にあります。

時計修理専門店のメリットは正規サービスより安くオーバーホールの依頼ができること、デメリットは修理店によって時計修理の技術にバラつきがある事が挙げられます。

そのため優秀な技術を持った技術者へお願いするのが重要です。

修理専門店によってオーバーホール料金にバラつきはありますが、オーバーホール料金平均相場を正規サービスの対応と比較してみましょう。

チュードル(チューダー)アンティークモデルのオーバーホール対応比較

チュードル(チューダー)アンティークモデル・ムーブメント仕様 修理専門店 メーカー依頼
機械式手巻き・自動巻き・クロノグラフムーブメント 22,000円~38,500円(基本料金・応相談) スイス本社送りで見積りとなり、時計預かり後作業の可否を判断・費用も高額で納期も長期に渡り、ムーブメントの状態によっては作業不可として返却される場合もあり

このように基本料金が設定されており、正規チューダーサービスと比較すると良心的な対応です。

納期の方も正規サービスだとかなりの長期に渡るところを約3~4週間で納品してくれるので、かなり便利で依頼しやすくなっています。

またチューダー正規サービスの部品保有期間は製造中止から25年になっており、アンティークモデルは正規サービスだと部品交換が生じた際、現行部品で対応されてしまいますが、腕時計修理専門店の場合修理店によってはオリジナルの部品を持っている場合があるので、修理に融通が利きオリジナルの価値を下げずに済む確率が高くなります。

しかしチュードル(チューダー)アンティークモデルに搭載されている機械式ムーブメントはスイスのETA社製等、精密な構造のムーブメントで、部品の経年劣化も進んでいる場合が多く、腕時計修理専門店へお願いする場合には優秀な技術を持った修理店へ依頼する必要があり、注意して修理店を選ぶことが必須です。

本当に信頼の置ける高度な技術を持った技能士が在籍する優秀な腕時計修理専門店に出会うには

幸いなことにわが国日本は腕時計修理に関して世界一の技術を持ち、外国よりも腕時計修理専門店の数も多く、選択に迷うほどの店舗数があり、製造から期間が経過した古いモデルでも簡単に依頼ができると思いがちです。

しかし、本当に信頼の置ける技術を持った腕時計修理専門店となると、数は非常に少なくなり、見つけ出すのに大変苦労する事になります。

さらにコマーシャルや店舗の規模などではどこの修理店が良いのか全く判断が付かないので、インターネットやSNSで実際に修理店に依頼した人の口コミを見るとか、その修理店に在籍している腕時計技能士の、取得している資格に注目すると良い結果につながります。

日本には腕時計修理技能士のレベルアップの為に、国家資格を設けており、名称が時計修理技能士という資格です。

3級から資格があり、2級、1級とランクが上がっていき、最上資格は1級時計修理技能士になります。

特に1級時計修理技能士は上級資格として登録されている資格なので、1級腕時計修理技能士が在籍している店舗は技術力が高くかなり信頼度が高く、優秀な修理店を見極める目安になります。

しかし実際の作業で必ず1級時計修理技能士が自分の腕時計を担当してくれるとは限らないので、修理店に来店した際には事前に作業内容の詳細を確認することが必須です。

  • 正規サービスと比べて納期や部品などがはっきりしており敷居が低く依頼しやすい
  • 優秀な1級腕時計修理技能士が担当すれば正規サービスと質は変わらない
  • 納期も早く料金が正規サービスよりお得で部品の無い古いモデルでもオーバーホール可能

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

正規サービスで作業不可・あるいは高額な作業料金・期間も長期に渡るチュードル(チューダー)アンティークをオーバーホールの場合信頼の置ける優秀な技術を持った腕時計修理専門店に依頼すると安心

チュードル(チューダー)でアンティークウォッチの域に入り、製造も終了扱いでムーブメントも経年劣化が進んでいる腕時計をオーバーホールするには、通常は正規チューダーサービスへ依頼するすることになります。

しかし、正規サービスでは部品保有期間を過ぎたアンティークウォッチは、全てスイス本社送りで見積りとなり、時計預かり後作業の可否を判断、作業可能な場合も通常より高額な料金になり、納期もかなりの長期に渡ります。

このような事情から、正規サービス以外にオーバーホール先を探している方には、技術の高い優秀な腕時計修理専門店へ依頼するのがおすすめの方法です。

しかし、腕時計修理専門店の場合は、修理店によって技術にバラつきがあり十分注意し、検討した上で依頼する修理店を選択する必要があります。

そのため事前にできる限りお店の情報を集め、候補の腕時計修理専門店に関する知識を十分に身に付けてから、修理店を選ぶようにすることが重要になります。

依頼後に後悔することの無いように、本当に信頼の置ける腕時計修理店を見つけて、匠の技術を持った本物の腕時計修理技能士手掛ける、チュードル(チューダー)アンティークモデルの高品質なオーバーホールを体験してください。

入力内容の確認

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています