2023.10.11

2023.10.11

テクノスのオーバーホールには、正規サービスと腕時計修理専門店、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#12337 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(379)
    ["name"]=>
    string(20) "テクノス/TECHNOS"
    ["slug"]=>
    string(7) "technos"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(379)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(1)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "43"
    ["cat_ID"]=>
    int(379)
    ["category_count"]=>
    int(1)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(20) "テクノス/TECHNOS"
    ["category_nicename"]=>
    string(7) "technos"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#12331 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(452)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "165"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(452)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
テクノス/TECHNOS
テクノスのロゴ

時計製造で最も有名な国スイスには、時計発明と同時期から操業を続ける最高峰ブランドや、長い歴史を誇る老舗ブランドがあり、現在も世界の時計業界をリードする存在となっています。

スイスの老舗時計製造会社として優秀な時計技術者であるメルヒオール・グンツィンガーが1900年、スイスジュラ山岳・ウェルシェロールに時計工房を構えたのが、有名老舗ブランド、テクノスの始まりです。

ギリシャ語のテクシーネ(技術)にちなんで命名されたブランド名の通り、テクノスは優秀な機械式ムーブメント製造技術を持ち、創業当初から評判の高い機械式ムーブメントを製造していました。

1924年から本格的に腕時計の製造に着手し、オーソドックスで伝統美を意識したデザインと優秀なムーブメント性能で多くの支持を獲得、スイス国内でもトップを争うブランドに成長します。

1970年代初頭に起こったクォーツショックにも柔軟に対応したテクノスは、このころから輸出マーケットを世界市場に拡大します。

特にブラジル、日本への輸出量が多く、両国ではテクノスブームが到来する人気を誇りました。

日本では1952年から平和堂貿易が正規輸入販売元を務め、TV番組、CFなどテレビ媒体を使った宣伝活動が成功し、一躍海外腕時計の人気ブランドとなりました。

その後、1980年代からのバブル景気による海外高級腕時計のブームに押され、庶民的な存在だったテクノスは一時の勢いを失い、細々と製造を続けていきます。

近年、正規輸入販売が平和堂貿易からティーツーインターナショナルに変更となり、インターネットや輸入時計専門店を中心に、現在も新コレクションを発表しています。

テクノスの魅力は創業から1970年代まではスイスの伝統を受け継ぎ、落ち着いたデザインと優秀な機械式ムーブメントが特徴でしたが、近年はチタンやシリコン素材など、新時代の素材を採用したスポーツウォッチが中心となり、腕時計マニアの人気アイテムです。

そんなテクノスのコレクションも、定期的なメンテナンスを怠り使用を続けると、最高の状態を発揮することはできず、精度や動作に異常が起こり、最悪の場合動作しなくなり時計としての価値を失います。

こうした最悪の事態を避けるため定期的なメンテナンスは必須事項であり、特に防水検査を含んだオーバーホールは数あるメンテナンス作業の中でも基本中の基本といえ、数年に一度必ず行わなくてはならない重要な作業です。

現在、テクノスのメンテナンス・オーバーホールについては、全国の正規輸入販売店が窓口となり、正規サービス・ティーツーインターナショナルが作業を担当する形になります。

また、もろもろの事情で正規サービスを利用しない場合には、高い技術を持ち、信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼する手段もあり、おすすめの方法です。

ここでは、テクノスの腕時計に関するオーバーホールについて、正規サービスの対応と腕時計修理専門店の対応に関する違いを紹介していきます。

テクノスの腕時計をすでに所有している方も、新たに購入を検討中の人にも耳寄りな情報がありますので、是非この機会に目を通してください。

テクノスの腕時計をベストな状態で使用するには、購入後どの時期にオーバーホールをするべきか

優秀な機械式・クォーツ式ムーブメントを標準採用し、近年はチタンなどの新素材を取り入れたスポーツウォッチが人気の、テクノスコレクションを常にベストな状態で使用するには、購入後どの時期でメンテナンス・オーバーホールに出したらよいのでしょうか。

一般的に腕時計に搭載されている機械式ムーブメントは3~5年ごと、クォーツ式ムーブメントの場合でも7~8年ごとにメンテナンス・オーバーホールが必要と推奨されていますので、参考にすると良いでしょう。

正規サービスへテクノスの腕時計をオーバーホール依頼した場合どのくらい納期や料金がかかるのか

テクノスの腕時計を良好な状態で使用するため、正規サービスにメンテナンス・オーバーホールを依頼すると、どのくらいの期間と料金がかかるでしょうか。

テクノスの場合、正規サービスでは腕時計のメンテナンスに関して、オーバーホールではなく基本的にムーブメント交換というシステムを取っています。

基本料金はクォーツ式ムーブメントで2,750円~、自動巻きムーブメントで4,400円~となっていますが、あくまで最低料金の目安であり、テクノスの中で一番廉価のモデルが対象基準になっています。

ですので、正規サービス・ティーツーインターナショナルでは全モデル見積りを基本対応とし、搭載ムーブメントごとにモデル預かり後見積り価格を連絡する方式です。

特に販売価格が高額なクロノグラフモデルや機械式ムーブメント、旧式・アンティークモデルは高額な見積りになる可能性が高くなっています。

見積り依頼方法は公式サイト問い合わせページからメールで申し込みとなり、腕時計の裏蓋・または保証書に記載されているアルファベット「T」から始まる英数字を記載することが条件です。

これによってモデルの品番がメーカー側で把握でき、正確なムーブメント交換料金が連絡される形になります。

納期についても見積りと同時に連絡となり、最速は約2~3週間ですが高額クロノグラフや機械式ムーブメント、旧式・アンティークモデルは納期がかなりかかる可能性が高いです。

正規サービスへテクノスのオーバーホールを依頼するメリット

  • 日本担当正規サービスセンターへ時計を預ける安心感がある
  • 基本的にはオーバーホールではなくムーブメント交換になり料金は見積り
  • 高額クロノグラフや機械式ムーブメント・旧式・アンティークモデルは納期が長期になり料金も高額になる可能性が高い

直接正規サービスへ問い合わせをしたい場合

ティーツーインターナショナル 住所:大阪府大阪市城東区中央1-2-23 京橋ハイツ125号 TEL:06-6955-9148 営業時間:10:00~18:00 土日祝日休み

出典:ティーツーインターナショナル公式サイト

正規サービスより融通が利きお得にオーバーホールを行ってくれる腕時計修理専門店

テクノスの腕時計をオーバーホールする際、もろもろの事情で正規サービスを利用せず、他のオーバーホール先を探している場合は、優秀な技術を持った信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼する方法がおすすめになります。

時計修理専門店のメリットは正規サービスより安くオーバーホールの依頼ができること、デメリットは修理店によって時計修理の技術にバラつきがある事です。

そのため優秀な技術を持った技術士が在籍する修理店へお願いするのが重要になります。

修理専門店によってオーバーホール料金にバラつきがありますが、平均相場を正規サービスの対応と比較してみましょう。

テクノス腕時計搭載ムーブメント仕様 修理専門店 メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント 10,000円~(基本料金) オーバーホールではなくムーブメント交換という形でRef.Noごとに料金が異なるため郵送見積りとなる・特に高額モデル・旧式・アンティークの場合料金も高額になる可能性が高い
クォーツ式クロノグラフ 25,000円~(基本料金) 同上
機械式ムーブメント 25,000円~(基本料金) 同上
機械式クロノグラフ 35,000円~(基本料金) 同上
旧式・アンティークモデル等 応相談・要見積り 同上

このような料金相場になっており、正規サービスの対応と比較すると基本料金が明確なので安心感があります。

これには磨耗した部品の交換や、ケース・ストラップの洗浄は料金に含まれておらず、オーバーホールのみ料金です。

一見、正規サービスの方がムーブメント交換なので新品となるため良心的に感じますが、最低料金の目安はテクノスのラインアップで最も廉価なモデルの場合ですので、高額モデルや旧式・アンティークモデルの場合はかえって高額になる可能性があります。

さらに、旧式・アンティークの場合、当時のムーブメントを最新の物に丸ごと交換されるため、当時の価値が下がってしまい、時計としての価値が却って下落してしまうことから、腕時計修理専門店の方が柔軟で対応に融通が利き、時計の価値を落とさずに済みますのでメリットが高いです。

納期の方も正規サービスだと見積りで不明なところを約3~4週間で納品してくれるので、かなり便利で利用しやすくなっています。

ですが、特にテクノスの旧式・アンティークモデルの場合、優秀な職人が手掛けた機械式・クォーツ式ムーブメントを搭載しており、腕時計修理専門店へお願いする場合は、優秀な技術と施設を持った信頼の置ける店舗へ依頼する必要があり、注意して修理店を選択することが必要となります。

本当に信頼の置ける高度な技術を持った腕時計修理専門店を見つける方法

日本は長い歴史で培われた、時計大国スイス・ドイツと肩を並べる腕時計製造・修理の技術力があり、そのレベルは世界最高品質を誇ります。

さらに腕時計技術士の数も多く、選択に悩むほどの腕時計修理専門店があり、一見、海外製腕時計でも簡単にオーバーホールや修理の依頼が可能と考えがちです。

しかし、本当に信頼の置ける高度な技術を持った技術士が在籍する腕時計修理専門店となると、数は非常に少なく、見つけ出すのにかなりの労力を費やすことになります。

さらにコマーシャルや店舗の規模などでは情報が乏しく、どこの修理店が本当に高い技術を持っているのか見当が付きません。

ですので、自分でインターネットやSNSの実際に修理店に依頼した人の口コミを見るとか、その修理店に在籍している腕時計技能士の取得している資格に着目するのがおすすめの方法です。

幸い日本は腕時計技術士が取得可能な国家資格があり、名称が時計修理技能士という資格で、目的は腕時計技術士の技術向上にあり、3級から資格がスタートし、2級、1級とランクが上がり、最上資格は1級時計修理技能士になります。

1級時計修理技能士は権威も高く最も取得困難な難易度の高い資格で、優秀な修理専門店を見極める一つの目安になるでしょう。

さらに1級時計修理技能士は上級資格として登録されている資格になり、経験豊富な1級時計修理技能士が在籍している修理店は技術が高く信頼が置けます。

ですが実際の作業で、必ず優秀な1級時計修理技能士が自分の腕時計を担当してくれる訳ではないので、店舗に来店した際には必ず担当技術士と事前に面談を行い、詳細を確かめておくと安心でしょう。

テクノスの腕時計を優秀な腕時計修理専門店にオーバーホール依頼するメリット

  1. 正規サービスに比べ融通が利き敷居が低く安心して相談できる
  2. 優秀で経験豊かな1級時計修理技能士が担当すればオーバーホールの品質は非常に高い
  3. 旧式モデル・アンティーク時計の場合時計の価値を落とさずに高品質なオーバーホールが可能

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

正規サービス以外でテクノスの腕時計をオーバーホールを依頼する際は信頼の置ける優秀な腕時計修理専門店に依頼すると安心

テクノスのように伝統的なモデルから、最新の素材・機能を備えたコレクションまで網羅している腕時計をオーバーホールするには、正規輸入販売代理店を通して正規サービスへ依頼するのが通常です。

しかしもろもろの理由から、正規サービス以外にオーバーホール先を探している場合には、優秀な信頼できる腕時計修理専門店へ依頼するのがおすすめの方法です。

しかし、腕時計修理専門店の場合は、修理店によって技術にバラつきがあるので十分に注意・検討を怠らず、信頼の置ける技術の優秀な修理店を選択することがとても重要になります。

そのため事前にできる限りの情報を集め、腕時計修理専門店に関する基礎知識を十分に身に付けてから、間違いのない修理店を選ぶようにすることが大切です。

依頼後に品質で後悔することの無いように、本当に信頼の置ける腕時計修理店を見つけ、匠の技術を持つ本物の腕時計修理技能士が手掛ける高品質なオーバーホールを、テクノスの腕時計で実感してください。

入力内容の確認

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています