2022.2.18

2022.2.18

レイモンドウェイルのオーバーホール料金や納期は?正規サービスと腕時計修理専門店の比較、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#9070 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(245)
    ["name"]=>
    string(40) "レイモンドウェイル/RAYMOND WEIL"
    ["slug"]=>
    string(12) "raymond-well"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(245)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(1)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(1) "2"
    ["cat_ID"]=>
    int(245)
    ["category_count"]=>
    int(1)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(40) "レイモンドウェイル/RAYMOND WEIL"
    ["category_nicename"]=>
    string(12) "raymond-well"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#9075 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(229)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "57"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(229)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
レイモンドウェイル/RAYMOND WEIL
レイモンドウェルのロゴ

1970年代、時計業界に衝撃が走ったクォーツショックにより機械式腕時計メーカーは大きな打撃を受け、廃業に追い込まれるブランドも出る危機的状況に追い込まれていました。

そんな中、奮起し操業を始めた気骨に溢れるブランドも少数ではありますが存在し、今までとは違ったアプローチで機械式腕時計の未来を模索し独自の進化を遂げ、現在も活躍しています。

ここに取り上げるレイモンドウェイルもそんなブランドのひとつで、1976年、自らのヴィジョンを実現するべく、スイスで創業されたレイモンドウェイルは機能とデザインを新しい形で提唱し、独自のコレクションでスイスはもとよりヨーロッパを皮切りに世界の注目を集め、一流メゾンとしての評価を得ることになります。

レイモンドウェイルの魅力は高品質な機械式ムーブメントと、伝統を受け継ぎながら革新的なデザインを融合させ、しかも高品質のコレクションを一般的に手が届く価格帯で提供したことが他のブランドと一線を画する理由です。

操業当初からレイモンドウェイルのインスピレーションの源にあるのはミュージック&アートという概念で、音楽と芸術にデザインのヒントを得た他には無いスタイリッシュなデザインです。

さらに高品質ムーブメントの薄型加工に成功したことで機械式腕時計離れに歯止めをかけ、現在も1ランク上の腕時計をリーズナブルな価格で提供することに情熱を傾けています。

様々なアートとのコラボレーションや進化し続けるムーブメント構造によって、世界中の腕時計マニアをうならせる レイモンドウェイルの時計は常にとどまるところの無い進化を続けているのです。

完成度の高いムーブメントを搭載しているレイモンドウェイルのコレクションたちも、定期的なメンテナンスを行わなくては高品質を維持することは難しく、そのためレイモンドウェイルではメンテナンスサービスを配置し、きめ細かいサービスを提供しています。

特にオーバーホールは腕時計を正常に使い続けるための基本中の基本といえる作業になり、数年に一回、必ず行わなくてはならない作業です。

主な内容はいったん腕時計をユーザーから預かり、分解・清掃作業を行い磨耗した部品や不具合があれば部品交換・修理作業を施し、注油・精度調整・再組み立て・防水検査・最終調整を経てユーザーの元へ完璧な形で戻されます。

通常、レイモンドウェイルのオーバーホールに関しては全国の正規輸入販売代理店が受付窓口となり、正規サービスであるGMインターナショナルアフターサービスセンターが作業を担当する形になります。

また、もろもろの事情から正規サービスを利用しない場合には、優秀な技術を持った腕時計修理専門店を利用する人も多く、おすすめです。

ここではレイモンドウェイルのオーバーホールをする際の、正規サービスと腕時計修理専門店との違いについて紹介していきますので、 レイモンドウェイルの時計をすでにお持ちの方も、これから購入を検討中の人にも、ためになる情報がありますので、是非読んで見てください。

レイモンドウェイルの腕時計オーバーホールはどのくらいの期間で行うべきなのか

精密で複雑な構造をしているレイモンドウェイルの腕時計は、購入後どのくらいの期間でオーバーホールを依頼したらよいのでしょうか。

全国の正規輸入販売代理店や正規サービスのGMインターナショナルアフターサービスセンターでは、クォーツ式ムーブメントの場合、7~8年以上使用期間が経過したもの、機械式ムーブメントについては3~5年以上メンテナンスを受けていないものについては、速やかにオーバーホールに出すよう、強く推奨しています。

正規サービスセンターへレイモンドウェイルの腕時計をオーバーホール依頼した場合料金はどのくらいになるのか

通常、レイモンドウェイルの腕時計をオーバーホールする場合、全国の正規輸入販売代理店を経由して正規サービスのGMインターナショナルアフターサービスセンターへ依頼するのが妥当です。

その際、オーバーホール料金はいったいどのくらいかかるのでしょうか。

正規サービスGMインターナショナルアフターサービスセンター オーバーホール料金

タイプ・仕様オーバーホール料金
クォーツ式ムーブメント(2針・3針)38,500円
クォーツ式ムーブメント(多機能)38,500円
クォーツ式ムーブメント(クロノグラフ)66,000円
手巻き式ムーブメント55,000円
自動巻きムーブメント55,000円
機械式ムーブメント(スモセコ「モジュール」付き)55,000円
機械式ムーブメント(クロノグラフ・多機能)77,000円

このような料金設定になっており、これらの料金はすべてオーバーホールのみの料金で、作業工程の中で部品交換や修理作業が発生した場合には別途料金が加算されます。

納期に関しては通常品で約3~4週間と正規サービスの中では迅速ですが、スイス見積りの場合は約1~2ヶ月以上かかりますので、依頼の際には事前に確認が必要です。

レイモンドウェイルには並行差別あり

レイモンドウェイルの場合、並行輸入品や海外購入品でもオーバーホールは受付してくれますが、割増料金になり納期も4ヶ月以上かかります。さらに正規品に限り会員割引が適用され、オーバーホール料金が半額になるサービスがあります。

並行輸入品・海外購入品の場合はこの特典は一切適用されませんので、並行輸入品や海外購入品をお持ちの方は十分注意しなくてはいけません。

正規サービスセンターへレイモンドウェイルの腕時計をオーバーホール依頼するメリット

  • 正規購入品はオーバーホール料金が割引になる
  • 正規サービスなので作業進行が迅速
  • 正規品の場合、作業終了後2年間の動作保証が付く

直接オーバーホールを正規サービスに依頼したい場合

GMインターナショナル アフターサービスセンター 〒110-0008 東京都台東区池之端1-6-13 境会館2階 営業時間:月〜金 10:00〜18:00 土日祝休み ☎03-5842-1205

出典:https://raymond-weil.jp/after_service/

正規サービスセンターよりもお得な料金でオーバーホールを受付してくれる腕時計修理専門店

レイモンドウェイルの腕時計をオーバーホールする場合には、やはり正規サービスであるGMインターナショナル アフターサービスセンター へ依頼するのが得策ですが、料金やもろもろの事情で正規サービスを利用したくない場合には、優秀で信頼の置ける腕時計修理専門店を利用するのがおすすめです。

料金や納期は店舗によって異なりますが、平均増場で正規サービスとのオーバーホール料金の違いを人気モデルで比較して見ることにしましょう。

マエストロ
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント 25,000円55,000円
機械式ムーブメント(スモセコ「モジュール」付き) 25,000円55,000円
フリーランサー
タイプ・仕様 修理専門店 メーカー依頼
自動巻きムーブメント 25,000円 55,000円
機械式ムーブメント(クロノグラフ・多機能) 35,000円 77,000円
タンゴ
タイプ・仕様 修理専門店 メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント(2針・3針) 20,000円 38,500円
クォーツ式ムーブメント(クロノグラフ) 30,000円 66,000円
トッカータ
タイプ・仕様 修理専門店 メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント(2針・3針) 20,000円 38,500円

以上のような料金になっており、正規サービスセンターと比較するとかなりお得な料金なので、並行輸入品や海外購入品をお持ちの方にはうれしい料金設定になっています。

納期に関しては、正規サービスと変わらず、通常品で約3~4週間となっていますが、正規サービスの場合、並行輸入品・海外購入品は通常品でも4ヶ月以上かかる場合があるとのことで、比較すると圧倒的に便利で利用しやすくなっています。

しかし、レイモンドウェイルに搭載されているムーブメントは、モデルによっては複雑機構で精密度が高く、腕時計修理専門店に依頼する場合には信用の置ける優秀な店舗に依頼する必要があり、注意が必要です。

信用の置ける腕時計修理専門店を見つけるには

日本の腕時計製造・修理技術は世界トップの実力を誇っており、腕時計修理専門店も数多く存在し、選ぶのに迷うほど店舗数があります。

しかし、本当に信頼の置ける優秀な店舗となると数が非常に限られ、探すのに一苦労することになります。

そういった場合には店舗の知名度やコマーシャル等を当てにするのではなく、インターネット等で実際に店舗を利用して見た人の口コミを参照したり、探している店舗の技術士が有資格者かどうかなどに注目すると良いです。

確かに腕時計を修理するのに資格等は必要ありませんが、資格を持っている人といない人では信頼度が各段に異なり、技術も確かなのは明らかな事実です。

そのため腕時計修理には国家資格があり、名称を腕時計修理技能士といい、3級、2級、1級とあり1級が最上資格になります。

1級腕時計修理技能士は上級資格として認められている資格なので、探している店舗に1級腕時計修理技能士が在籍していれば、その店舗は信頼度がかなり高いということになります。

しかし、実際の作業では必ず全ての作業を1級腕時計修理技能士が担当するわけではないので、依頼の際には事前に良く詳細を確認することが大事です。

レイモンドウェイルの腕時計を腕時計修理専門店げオーバーホール依頼するメリットとは

  1. 正規サービスより敷居が低く相談がしやすい
  2. 優秀な1級腕時計修理技能士が作業を担当すれば作業の質は変わらない
  3. 並行輸入品や海外購入品は正規サービスよりかなりお得なオーバーホール料金になる

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

レイモンドウェイルの腕時計をオーバーホールする際には正規サービスよりも腕時計修理専門店の方が何かとお得になる場合が多い

レイモンドウェイルのような精密構造で高精度な腕時計のオーバーホールを、正規サービスセンター以外に依頼する場合、信頼の置ける優秀な腕時計修理専門店に依頼するのがおすすめです。

ですが、腕時計修理専門店の場合、店舗ごとに所属している技術士のレベルが異なるために、オーバーホールの仕上がりに違いが出てしまう例が多く、本当の意味で信頼の置ける技術の高い店舗を見つける必要があります。

そのため事前に情報をできるだけ多く収集し、十分な知識を身に付けてから店舗の選定に望むようにしましょう。

依頼後に後悔することの無いように、優秀な腕時計修理専門店を見つけ出し、素晴らしい技術を持った腕時計修理技能士との出会いを体験してください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています