2021.9.2

2022.2.3

ロンジンのオーバーホール料金や納期は?正規と修理専門店の比較どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#10550 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(172)
    ["name"]=>
    string(21) "ロンジン/LONGINES"
    ["slug"]=>
    string(8) "longines"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(172)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(1)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "47"
    ["cat_ID"]=>
    int(172)
    ["category_count"]=>
    int(1)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(21) "ロンジン/LONGINES"
    ["category_nicename"]=>
    string(8) "longines"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#10546 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(268)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "63"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(268)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
ロンジン/LONGINES
ロンジンのロゴ

1832年にスイスのジュラ地方の中央に位置するサンティミエで創業したロンジンは、以来あらゆる分野のスポーツイベントオフィシャルタイムキーパーとして、また飛行機・航海士・探検家などのプロフェッショナル向け計器を手掛け、そこから得たノウハウを腕時計へと注ぎ込み高品質なムーブメントの作成に取り組んできました。

1913年に世界初のクロノグラフ腕時計、1936年にはこれも世界初のフライバッククロノグラフの特許を取得するなど、時計史に名を残す功績をあげ、現在に至っています。

ロレックスやオーデマピゲなど人気ブランド、雲上ブランドたちに比べると知名度の点では若干地味な印象のロンジンですが、堅実なモノ作りの職人的ブランドとして確固たる位置を占めているのです。

ロンジンの大きな特徴はその長い歴史の中で培ってきたムーブメント製作の質の高さと、現状にとどまらず常に進化と革新を追い求め、技術の先端を指し示してきた点が挙げられます。

またデザイン感覚にも優れた手腕を発揮し、スクエア型がほとんどだった腕時計の世界にオーバル型や長方形のムーブメントを先立って開発し、腕時計のデザインに新風を吹き込みました。

こうして正確無比なムーブメントとデザインの革新化を実現したロンジンは、現在もトップブランドとしてその輝きを放ち続けています。

その正確無比なロンジンの腕時計たちもその精密な作りゆえ、定期的なメンテナンスは必要不可欠なものであり、特にオーバーホールは自動車が何年かに一回車検を受けるように、必ず行わなくてはいけないものです。

メンテナンスを怠ってしまうとせっかくの高精度を保つことができなくなり、故障の原因となってしまい最悪の場合には動かなくなってしまいます。

ですので定期的なメンテナンスは必須事項とされ、腕時計を長く使用するうえで欠かせないものになっています。

ロンジンのオーバーホールに関しては、現在ロンジンが所属しているスウォッチグループジャパンが一括して行っていますが、予算や様々な事情がある方は優秀な技術を持った腕時計修理専門店にお願いするのも方法です。

ここではロンジンの正規サービススウォッチグループジャパンと腕時計修理専門店との差について、料金面や納期、サービス内容まで紹介していきます。

ロンジンの腕時計をすでに持っている方もこれから購入を検討中の人も参考になる情報が多数ありますので、是非目を通してみてください。

ロンジンの腕時計をオーバーホールに出す期間の目安とは

創業から高い技術でムーブメントを製作してきたロンジンのメンテナンスには、定期的なオーバーホールは必須事項といえます。

メンテナンスは全国の正規販売代理店、そして正規サービススウォッチグループジャパンが受付を行っていますが、クォーツ式ムーブメントで7~8年使用されたもの、機械式ムーブメントでも3~5年使用期間が経過したものに関してはオーバーホールを受けることが推奨されています。

正規サービススウォッチグループジャパンにオーバーホールを依頼した場合どのくらい料金がかかるのか

ロンジンの腕時計をメンテナンスに出す場合には全国の正規販売代理店に持ち込むか、正規サービスのスウォッチグループジャパンへ直接依頼する形になります。

では正規サービススウォッチグループジャパンにロンジンの時計をオーバーホール依頼した場合、いったいどのくらいの料金がかかるのでしょうか。

ロンジン正規サービススウォッチグループジャパン オーバーホール料金

タイプ・仕様オーバーホール料金
クォーツ式ムーブメント(2・3針+カレンダー パーペチュアルカレンダー・ VHP)29,700円
クォーツ式クロノグラフ41,800円
手巻き式ムーブメント31,900円
自動巻きムーブメント(2・3針+カレンダー)34,100円
自動巻きクロノグラフ52,800円
ムーンフェイズ+年次カレンダー56,100円
レトログラード56,100円
ヴィンテージウォッチ(1985年以前)要見積り

このように料金設定がされており、腕時計やムーブメントのタイプ別になっています。

納期に関しては通常3~4週間、特殊品やスイス送りになる時計に関しては1ヶ月から3ヶ月程度かかりますので、依頼には余裕をもった方が良いです。

さらにオーバーホール終了後には動作保証として2年間のアフターサービスが付きますので、安心のサービス体制になっています。

また正規サービスのスウォッチグループジャパンでは並行輸入で購入された製品でも、本物であることが証明されれば正規品と同じ扱いでオーバーホールしてくれますので、安心して預けることができます。

ロンジン正規サービススウォッチグループジャパンにオーバーホールを預けるメリットとは

  • 部品交換の際には全て純正部品を使用
  • 並行輸入品でも正規品と同じくオーバーホールしてくれる
  • オーバーホールに関して2年間の動作保証が付く

スウォッチグループジャパンへ直接依頼する場合

スウォッチグループジャパン株式会社 〒104-8188 東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエックセンター

出典:https://swatchgroup.jp/longines/

スウォッチグループジャパンよりもお得な料金でオーバーホール可能な腕時計修理専門店

ロンジンの腕時計をスウォッチグループジャパンにオーバーホール依頼した場合、専門スタッフが作業を手掛けるので安心感が高いですが、料金もそれなりなので、よりお得にオーバーホールを行いたい場合には全国の腕時計修理専門店を利用するのもおすすめです。

オーバーホール料金はお店によって異なりますが、平均相場からスウォッチグループジャパンとの料金比較を人気モデルで行ってみましょう。

エレガント コレクション
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円34,100円
ロンジン レジェンドダイバー
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円34,100円
ヘリテージ クラシック
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円34,100円
自動巻きクロノグラフ30,800円52,800円
ロンジンマスターコレクション
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円34,100円
自動巻きクロノグラフ30,800円52,800円
ムーンフェイズ+年次カレンダー27,500円56,100円
ハイドロコンクエスト
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント19,800円34,100円

このような料金になっており、スウォッチグループジャパンに比べるとかなりお得な料金設定になっています。

納期もスムーズで2~3週間あれば仕上がりますので便利に利用できます。

しかしロンジンのムーブメントの場合、クロノグラフや潜水用防水など高度な技術が使用されていますので、腕時計修理専門店に預ける際は優秀で技術の高い修理専門店に依頼することが重要なので注意が必要です。

優秀な技術を持った腕時計修理専門店に出会うには

我が国には腕時計修理専門店が多数存在し店舗のレベルもさまざまなので、本当に技術が高く信頼のおけるお店というのは限られた数になってきます。

実際に優秀な腕時計修理専門店を探そうとすると、かなり苦労することでしょう。

そういった場合には腕時計修理専門店に在籍している技能士の取得資格に注目してみると良いです。

評判の良いお店は必ず資格を取得した技能士を抱えていますので、資格をしっかり取得した技能士が所属しているかどうかでお店のレベルがある程度把握できます。

特に1級腕時計修理技能士の資格は上級資格として登録されていますので、技能士の技術が信頼でき安心度も高いでしょう。

ですが必ずしも1級腕時計修理技能士が作業をするとは限りませんので、店舗に来店の際には実際に良く確認することが大切です。

腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する大きなメリットとは

  1. 正規サービスと比較してかなりお得な料金でオーバーホールが可能
  2. 経験豊かな1級腕時計修理技能士が担当すれば正規サービスと同等のサービスが受けられる
  3. 納期も早いので依頼する際に便利

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

ロンジンの腕時計を正規サービス以外にオーバーホール依頼したい場合には腕時計修理専門店がおすすめ

ロンジンのような歴史があり古くから自社製造にこだわり、優秀なムーブメントを送り出しているブランドの腕時計をオーバーホール依頼する際には正規サービスのスウォッチグループジャパンに依頼するのが安心できます。

しかし予算や納期の関係から正規サービス以外に依頼したい場合には、優秀な技術を持った腕時計修理専門店に依頼するのがおすすめです。

ですが腕時計修理専門店の場合、店舗の数が多すぎてお店によって技術の高さが異なるので、失敗しないように慎重に店舗を選ぶことが大切になります。

優秀な店舗を選ぶにはいくつかポイントがありますので、そこを押さえた上で充分に情報を集めて信頼のおける店舗に依頼するようにしましょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています