2024.1.25

2024.1.25

IWC・クォーツの腕時計オーバーホールは、正規サービスと腕時計修理専門店、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#12349 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(182)
    ["name"]=>
    string(37) "アイ・ダブリュー・シー/IWC"
    ["slug"]=>
    string(3) "iwc"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(182)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(3)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "147"
    ["cat_ID"]=>
    int(182)
    ["category_count"]=>
    int(3)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(37) "アイ・ダブリュー・シー/IWC"
    ["category_nicename"]=>
    string(3) "iwc"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#12339 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(452)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "170"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(452)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
アイ・ダブリュー・シー/IWC
IWCのロゴ

高品質な高級腕時計というと時計王国のスイス製が真っ先に浮かびますが、スイスに拠点を構え時計製造に取り組む他国出身の優秀な実業家も多く存在しました。

アメリカ・ボストン出身の若く商才に長けた、時計技師・エンジニアであったフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが1868年、スイスのシャフツハウゼンに時計工房を開いたのが、職人気質のマニュファクチュールにより、腕時計マニアの絶大な支持を得ている老舗ブランド、IWC (インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)のスタートです。

IWCがスイスを時計製造拠点に選んだ理由は、創業者のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが当時、時計製造については未開であった本国アメリカに、スイス製最高品質の懐中時計を製造・出荷する事でした。

IWCは製造する機械式ムーブメントの高い完成度と高精度により、本国アメリカで熱狂的な支持を獲得し、さらにスイス国内・ヨーロッパ全土にもその名前は認知され、優秀な機械式ムーブメント製造会社として名声を獲得します。

さらに1900年代に入ると、IWCのウォッチコレクション第1号である「ポルトギーゼ」を発表、世界中で注目を集めます。

このころからIWCは航空用腕時計、パイロットウォッチの開発・製造に力を入れ、1944年、英国軍の為に開発したパイロットウォッチ・「W・W・W」が公式腕時計として採用、その高精度と良好な視認性・優れた耐久性で高い評価を得ることになるのです。

第二次世界大戦終了後、IWCはパイロットウォッチの普及と並行し、スマートでシンプルなデザインウォッチの生産にも傾注、ドレスウォッチの「インヂュニア」、潜水腕時計のジャンルを開拓したダイバーズウオッチ「アクアタイマー」、パイロットウォッチの銘品「マークシリーズ」等、次々と作品を発表、最高峰の時計ブランドとして世界的に認められる事になります。

1978年、IWCの事業はドイツの計器メーカー、アドルフ・シンドリング株式会社が事業を継承し、その後、世界最大の時計ブランドグループ、リシュモン・グループ傘下となり、現在も伝統と革新が調和した完成度の高いコレクションを送り出しています。

IWCといえばスイス時計製造の伝統を受け継いだ、職人気質の機械式ムーブメントを搭載したコレクションが人気ですが、数は少ないものの、1970年頃から腕時計業界を席巻したクォーツ式ムーブメントの開発・製造にも優れた技術を発揮していました。

しかし、現在全モデル製造が終了している事・モデル種類の少なさからマニア間で話題となり、近年価値が上昇しています。

そのIWCウォッチ・コレクションも、機械式はもちろん、クォーツ式においても定期的なメンテナンスを怠り使用を続けると、最高のコンディションを発揮することはできず、経年劣化とともに精度や動作に異常をきたし、最悪の場合動かなくなってしまい基本的な役割を果すことができなくなります。

このような事態を避けるためにメンテナンスは必須事項となり、特にオーバーホールは数あるメンテナンス作業の中でも基本中の基本といえ、数年に一度必ず行わなくてはならない作業です。

現在、IWCウォッチ・コレクションのメンテナンス・オーバーホールについては、全国の正規輸入販売代理店が受付窓口となり、正規サービスであるIWC(アイ・ダブリュー・シー)ジャパン・テクニカルサービスが作業を担当する形になります。

また、込み入った事情から正規サービスを利用しない人も多く、そういった人は優秀な技術を持っている腕時計修理専門店に頼む方法もあり、おすすめの方法になります。

ここでは、IWC・クォーツ式モデルのオーバーホールについて、正規サービスと腕時計修理専門店の対応に関する違いを紹介していきますので、IWC・クォーツ式モデルをすでに所有している方も、これから購入を検討している人にも見逃せない情報がありますので、是非この機会に目を通してください。

IWC・クォーツモデルを良好な状態で使用するには購入後どのくらいの期間でオーバーホールすべきなのか

長い歴史に培われたIWCのマニュファクチュールで製造された腕時計たちには、その性能を完璧に維持するために定期的なオーバーホールが必要になります。

IWC正規販売代理店やIWC(アイ・ダブリュー・シー)ジャパン・テクニカルサービスでは、IWC製のクォーツ式ムーブメントについて7~8年以上、使用期間が経過した腕時計に関しては、オーバーホールを施すのが望ましいと強く推奨していますので参考にすると良いです。

IWC・クォーツモデルを正規サービスにオーバーホール依頼すると料金・納期はどのくらいになるか

IWCではオーバーホールをコンプリートサービスと呼び、オーバーホールはもとより磨耗した部品に関する交換や防水テストまでを、トータルサービスとして提供しており、高い評価を得ています。

IWC・クォーツモデルを正規サービスであるIWC(アイ・ダブリュー・シー)ジャパン・テクニカルサービスに、コンプリートサービスを依頼すると、いったいどのくらいの期間と料金がかかるのでしょうか。

IWC・クォーツモデル正規サービスコンプリートサービス料金

IWC・クォーツモデル仕様 コンプリートサービス料金
クォーツ式ムーブメント(ノーマル・3針) 61,600円~(基本料金)
クォーツ式ムーブメント(クロノグラフ) 61,600円~(基本料金)

基本料金はこのような内容になっていますが、IWC側ではコンプリートサービス料金をシリアル番号ごとに管理しており、IWC公式サイトのサービス価格計算欄にシリアル番号を入力することで、所有しているモデルの基本料金が算出できるようになっています。

基本受付はサービスからのピックアップサービスを利用し郵送後、見積り決定連絡を受け金額承諾後作業に入る流れになります。

納期は最速で約1ヶ月となり、日本サービスに交換部品が無い・スイス本社でしか作業ができないモデルについては、スイス本社送りになるので、納期が長くなり、平均半年以上かかる場合があるので注意が必要です。

正規サービスへIWC・クォーツモデルをコンプリートサービス依頼するメリット

  • 正規サービスでは磨耗備品の交換や防水検査も含むコンプリートサービスとしてオーバーホールを行っているため安心できる
  • 基本カスタマーサービスのピックアップサービスを利用し郵送後、サービスからの連絡を受け了承後作業開始となる
  • 交換部品が日本サービスに無い・スイス本社でしか作業ができないモデルはスイス本社送りになり納期が長くなる

直接正規サービスへ問い合わせしたい場合

IWC(アイ・ダブリュー・シー)ジャパン・テクニカルサービス TEL:0120-05-1868 または公式サイト問い合わせフォームからメールで問い合わせ

出典:IWC公式サイト・サービスのご案内

正規サービスより柔軟な対応・お得な料金でオーバーホールしてくれる腕時計修理専門店

IWC・クォーツモデルをオーバーホールする際に、納期や料金等の事情や、旧製品・アンティークモデルを所有している場合は、正規サービスを利用する以外に、優秀な技術を持った腕時計修理専門店を選択する方法がおすすめです。

時計修理専門店のメリットは正規サービスより安くオーバーホールの依頼ができること、デメリットは修理店によって時計修理の技術に差があることが挙げられ、そのため優秀な技術を持った技術者へお願いするのが大切になります。

修理専門店によってオーバーホール料金にバラつきがありますが、平均相場を正規サービスの対応と比較してみましょう。

IWC・クォーツモデル仕様 修理専門店 メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント(ノーマル・3針) 27,500円~(基本料金) 61,600円~(基本料金)
クォーツ式ムーブメント(クロノグラフ) 38,500円~(基本料金) 61,600円~(基本料金)

このような料金になっており、正規サービス通常料金と比較するとかなりお得な料金になっています。

ちなみにこれらの作業は正規サービスと異なり、磨耗部品の交換は料金に入っていないので注意が必要です。

また、納期も正規サービスの場合、最速で約1ヶ月以上かかるところを約2~3週間で仕上げてくれるので、迅速な対応で利用しやすくなっています。

しかし、IWCの高精度クォーツ式ムーブメントは、独自の機密構造・クロノグラフ機能を搭載しており、修理専門店に依頼する際は優秀な技術を持った、信頼の置ける修理店を選ばなくてはなりませんので、注意して修理店を選ぶ事が必要になります。

本当に信頼できる技術を持つ優秀な腕時計修理専門店を見つける方法

日本は腕時計の製造・修理に関して世界最高峰のレベルを持ち、腕時計修理専門店も数多く、選択に迷うほどの店舗数が存在し、海外製複雑構造の腕時計も簡単に依頼が可能と考えがちです。

しかし、本当に信頼の置ける技術を持った優秀な腕時計修理専門店となると、数は非常に少なくなり、見つけ出すのにかなりの労力を強いられる事になります。

そのような場合は、腕時計修理専門店を探す際に、会社の規模やコマーシャル・ネームバリュー等、見た目の情報では全く見当が付かないので、実際に修理店を利用した人たちの情報をインターネットやSNSの口コミ等で参考にするのが賢明な方法です。

また、探している修理店に資格を持った技術士が在籍しているかどうか、などの情報を確認すると良い結果が得られます。

そのため日本では腕時計修理技術の質向上のために国家資格を設けており、資格設立の大きな理由は技術士のレベルアップが目的です。

名称は時計修理技能士という資格で、3級から資格があり、2級、1級とグレードが上がり、1級が最上資格になります。

特に1級時計修理技能士は上級資格として登録されている難度の高い資格で、もし探している修理店に1級時計修理技能士が在籍していれば、その修理店の信頼度は抜群に高く安心できます。

しかし、実際は全ての修理作業を1級時計修理技能士が担当しているわけではないので、依頼する場合には事前にお店と対話を行い、作業の詳細を確かめておくことが重要です。

IWC・クォーツモデルのオーバーホールを腕時計修理専門店に依頼するメリット

正規サービスより柔軟な対応で融通も利き相談しやすい

優秀な1級時計修理技能士が作業を担当すればオーバーホールの内容・質は正規サービスと同じ

正規サービスに比べ納期が早く、料金もお得で優秀な修理店なら高品質のオーバーホール作業が期待できる

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

正規サービス以外でIWC・クォーツモデルのオーバーホールを依頼を検討している時は信頼の置ける優秀な腕時計修理専門店に依頼すると安心且つお得

IWCのような、完成度の高い機械式式ムーブメント・クロノグラフ機能も搭載した腕時計で知られ、現在は生産が終了していますが、優秀なクォーツ式ムーブメント搭載モデルも発売していたブランドの、メンテナンス・オーバーホールをする際には、正規輸入販売代理店を通して、正規サービス・IWC(アイ・ダブリュー・シー)ジャパン・テクニカルサービスに依頼するのが通常です。

しかし、納期や料金の問題などもろもろのの事情で正規サービス以外のオーバーホールを検討している場合は、優秀な技術を持ち、本当に信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼するのがおすすめの方法になります。

しかし、腕時計修理専門店の場合は、修理店によって技術にバラつきがあるので十分注意し、検討した上で依頼する修理店を選択する事が必要です。

そのため事前にできる限りの情報を集め、腕時計修理専門店に関する知識を十分に身に付けてから、修理店を選ぶようにすることが重要になります。

依頼後に後悔することの無いように、本当に信頼の置ける腕時計修理店を見つけて、素晴らしい技術を持った本物の腕時計修理技能士が手掛ける、高品質なオーバーホール・メンテナンスをIWC・クォーツモデルで体験してください。

入力内容の確認

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています