2024.3.12

2024.3.12

パテックフィリップ・クォーツの腕時計オーバーホールは、正規サービスと腕時計修理専門店、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#12551 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(249)
    ["name"]=>
    string(42) "パテックフィリップ/PATEK PHILIPPE"
    ["slug"]=>
    string(14) "patek-philippe"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(249)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(2)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "97"
    ["cat_ID"]=>
    int(249)
    ["category_count"]=>
    int(2)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(42) "パテックフィリップ/PATEK PHILIPPE"
    ["category_nicename"]=>
    string(14) "patek-philippe"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#12541 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(452)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "154"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(452)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
パテックフィリップ/PATEK PHILIPPE
パテックフィリップのロゴ

数ある腕時計ブランドの中でも、最高峰に位置する技術・歴史・革新性を備えたブランドは限られており、腕時計業界では世界三大腕時計として認知されている3つのブランドがあります。

いずれも創業から100年以上の歴史を持ち、時計製造のメッカ・スイスに拠点を構える、オーデマ ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、パテックフィリップの3ブランドが世界三大腕時計として認められています。

特にパテックフィリップは、精密・高精度な機械式ムーブメント・主張を抑えた気品に溢れる伝統的な普遍性を持つ素材・デザインが魅力のブランドです。

パテックフィリップの始まりは1839年、ポーランド国籍の創業者、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとフランソワ・チャペックがスイスのジュネーブに興した時計工房「パテック チャペック」社が前身となっています。

創業者の一人、パテックは1844年にフランス・パリで行われた博覧会で当時としては画期的なリューズ巻き・針合わせ機構を備えた懐中時計に出会います。

この懐中時計はフランスの優秀な時計技師、ジャン・アドリアン・フィリップの制作によるもので、時計の高い完成度・独創的なアイデアに魅せられたパテックは、フィリップと意気投合し、翌年パートナーであったチャベックに代わり、フィリップを製造技術者に迎え、1851年にチャベックが会社を去る事となり、代わってフィリップが共同経営者に就任、正式に社名を「パテックフィリップ」と命名、ここから世界最高峰となるブランドの歴史がスタートするのです。

その後パテックフィリップはスイスの伝統を受け継いだ精微・且つ高精度の機械式ムーブメントの開発・製造と、芸術的なジュネーブの工芸技術によるケース・ブレスレットのデザイン・コレクションで、世界最高峰の名声を確立、現在も比類のない美しさ・高い精度と品質で進化を続けています。

また、パテックフィリップは1932年にメゾンの所有権をスターン一族に委譲し、スターン家はメゾンの意志を忠実に継承、以来徹底した独立生産・開発・革新性と芸術性を貫き、現在も一族による独立経営でメゾンを継承しています。

パテックフィリップは、徹底した自社職人による独立自社製造のクロノグラフ、ミニッツリピーター、トゥールビヨン等の複雑機能を搭載した芸術品とも呼ばれる機械式ムーブメントで知られていますが、1970年代初頭に起こったクォーツショックに始まる、電池式クォーツムーブメントの開発・製造にも力を注ぎました。

他社の多くがスイス製汎用ムーブメントなどパッケージされたムーブメントを採用しているのに対し、パテックフィリップはクォーツ式ムーブメントについても自社製一貫開発・製造を貫き、その優秀さは世界トップレベルの品質を誇っています。

そのパテックフィリップ・クォーツコレクションも、機械式ムーブメントと同じく、定期的なメンテナンスを怠り使用を続けると、最高のコンディションを発揮することはできず、経年劣化とともに精度や動作に異常をきたし、最悪の場合動かなくなってしまい基本的な役割を果すことができなくなります。

このような事態を避けるためにメンテナンスは必須事項となり、特にオーバーホールは数あるメンテナンス作業の中でも基本中の基本といえ、数年に一度必ず行わなくてはならない作業です。

現在、パテックフィリップ・クォーツコレクションのメンテナンス・オーバーホールについては、全国の正規輸入販売代理店が受付窓口となり、正規サービスのパテックフィリップ・サービスセンターが作業を担当する形になります。

また、もろもろの事情から正規サービスを利用しない人もおり、優秀な技術を持っている腕時計修理専門店に頼むユーザーも存在し、おすすめの方法になっています。

ここでは、パテックフィリップ・クォーツコレクションのオーバーホールについて、正規サービスと腕時計修理専門店の対応に関する違いを紹介していきますので、パテックフィリップ・クォーツコレクションをすでに所有している方も、興味を持ちこれから購入を検討している人にも有益な情報がありますので、是非この機会に目を通してください。

パテックフィリップ・クォーツ式モデルをメンテナンス・オーバーホールするには購入後どのタイミングで依頼すると良いか

トゥールビヨンやミニッツリピータなど複雑な機能や、コンプリケーションと称される精密で高精度な機械式・また優秀な自社製クォーツ式ムーブメントを持つ、パテックフィリップのコレクションを、好調に使用するためにはどの時期でメンテナンスに出すべきなのでしょうか。

正規輸入販売店や正規サービスのパテックフィリップ・サービスセンターでは、パテックフィリップに搭載されているクォーツ式ムーブメントは最低でも4~5年ごとに防水検査・オーバーホールが必要と強く推奨しています。

正規サービスセンターにパテックフィリップ・クォーツ式モデルをオーバーホール依頼するとどのくらいの期間と料金がかかるのか

多くの腕時計ブランドが採用しているスイス製汎用ムーブメントは一切使用せず、あくまで自社一貫製造に拘り、精密で高精度な自社製クォーツ式ムーブメントを搭載した、パテックフィリップ・クォーツモデルを正規サービスセンターへオーバーホール依頼した場合、どれくらいの期間と料金がかかるのでしょうか。

パテックフィリップでは、オーバーホールをフル・メンテナンスと称し、ムーブメントの分解・洗浄・摩耗部品の交換、ケース・ブレスレットの洗浄、防水テスト、最終調整及び検査と徹底したメンテナンス作業を行っています。

基本的に料金について腕時計預かり見積り後返答としていますが、基本料金は存在しますので、ここではパテックフィリップ正規サービスのフル・メンテナンス基本料金を見てみましょう。

パテックフィリップ・クォーツモデル仕様
クォーツ式ムーブメント(ノーマル3針・トラベルタイム等を含む) 105,600円~(基本料金)
クォーツ式ムーブメント(旧型・ヴィンテージモデル等) 要見積り

このような基本料金設定になっており、これらの作業はムーブメントの分解・洗浄・摩耗部品の交換、ケース・ブレスレットの洗浄、防水テスト、最終調整及び検査までを含んだトータルサービスになっています。

また、損傷部品や、落下・使用上の誤りによる故障等については、別途作業料金が上乗せになります。

納期は最速で1ヶ月半を要し、日本サービスに部品が無い場合・複雑な修理やスイス本社送りの場合は半年以上かかる例もあり、依頼の際は予算と納期に余裕を見ることが必要です。

さらに正規サービスセンターでメンテナンスされた時計には、すべて2年間の修理保証が付き、全国の正規輸入販売代理店が窓口となり、アフターサービスの体制も行き届いています。

正規サービスへパテックフィリップ・クォーツモデルをフル・メンテナンス依頼するメリット

  • 日本担当正規サービスに依頼するので完璧な対応が期待でき安心できる
  • フル・メンテナンスに関しては2年間の動作保証付き
  • 日本サービスに部品が無い・スイス本社で作業が必要な場合スイス送りとなり納期が長く半年以上を要する例もあり

直接正規サービスへ問い合わせをしたい場合

パテックフィリップ・サービスセンター 住所:東京都千代田区内神田3-6-2  アーバンネット神田ビル7F TEL:03-5209-8016 営業時間:10:30~17:00 土日祝日休み

出典:パテックフィリップ公式サイト・リテール&サービス

正規サービスよりも柔軟な対応でお得にオーバーホールが可能な腕時計修理専門店

パテックフィリップ・クォーツモデルをオーバーホールする際、納期や料金等、もろもろの事情で正規サービスを利用する以外にオーバーホール先を検討している場合は、優秀な技術を持った腕時計修理専門店を選択する方法がおすすめです。

時計修理専門店のメリットは正規サービスより安くオーバーホールの依頼ができること、デメリットは修理店によって時計修理の技術にバラつきがある事が挙げられ、そのため優秀な技術を持った修理店へお願いするのが重要な点になります。

修理専門店によってオーバーホール料金にバラつきがありますが平均相場を正規サービスの対応と比較してみましょう。

パテックフィリップ・クォーツモデル仕様 修理専門店 メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント(ノーマル3針・トラベルタイム等を含む) 54.780円~(基本料金) 105,600円~(基本料金)
クォーツ式ムーブメント(旧型・ヴィンテージモデル等) 応相談・要見積り 要見積り

このような基本料金になっており、正規サービスのパテックフィリップ・サービスセンターと比較した場合、かなりお得な料金設定です。

これらの料金には、正規サービスと異なり磨耗部品の交換・ケース・ブレスレットの洗浄は料金に含まれていないので、注意が必要です。

納期の方も正規サービスだと最速で約1ヶ月半かかるところを3~4週間で納品してくれるので、かなり便利で利用しやすくなっています。

しかし、パテックフィリップの腕時計に搭載されているクォーツ式ムーブメントは、完全自社製で高度な技術により製作された複雑構造になっていますので、腕時計修理専門店へお願いする場合には優秀な技術・充分な施設を持った修理店へ依頼する必要があり、注意して店舗を選択することが重要です。

本物の技術を持った信頼できる技能士が在籍する腕時計修理専門店を見つける為には

わが国日本は腕時計修理に関して世界トップクラスの技術を持ち、腕時計修理専門店の数も非常に多く、選択に困るほどの店舗数があるので、海外製高級腕時計も簡単に依頼できると考えがちです。

しかし、本当に信頼の置ける技術を持った腕時計修理専門店となると、数は非常に少なく、見つけ出すのにかなり労力を要します。

さらに、コマーシャルや店舗の規模などでは全くどこが良いのか分からないので、そういった場合にはインターネットやSNSで実際に修理店に依頼した人の口コミを見るとか、その修理店に在籍している腕時計技能士の取得している資格に目を向けて見ると、良い結果を得られる事が多いです。

資格がなくても腕時計修理を仕事にすることは可能ですが、有資格者との差は歴然としており、信頼度も雲泥の差があります。

そこで、日本では腕時計の修理技能士向けに国家資格があり、名称が時計修理技能士と言います。

目的は腕時計技術士の技術向上にあり、3級から資格がスタートし、2級、1級と段階が上がっていき1級が最上資格です。

特に1級時計修理技能士は上級資格として登録されている資格なので、1級時計修理技能士が在籍している店舗は技術力が高くかなり信頼度が高いと言えます。

しかし実際の作業で必ず1級時計修理技能士が自分の腕時計を担当してくれるとは限らないので、修理店に来店した際は、詳細を事前に担当技能士と面談し確かめておく事が肝心です。

パテックフィリップ・クォーツモデルを腕時計修理専門店にオーバーホール依頼するメリット

  1. 正規サービスと比べて敷居が低く柔軟な対応・融通も利き相談しやすい
  2. 優秀で経験豊かな1級時計修理技能士が担当すれば正規サービスと品質は変わらない
  3. 正規サービスより納期も早くお得で高品質なオーバーホールが可能

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

正規サービス以外でパテックフィリップ・クォーツ式腕時計をオーバーホール依頼する場合は信頼の置ける優秀な腕時計修理専門店に依頼すると安心

パテックフィリップのようなトゥールビヨン等の芸術的な技術を持ち、完全自社製の複雑機能と高精度な機械式・及びクォーツ式ムーブメントを搭載した腕時計をオーバーホールするには、正規販売代理店を通してパテックフィリップ・サービスセンター へ依頼するのが通常です。

しかし予算や納期などもろもろの事情で正規サービス以外を利用する際は、優秀な腕時計修理専門店へ依頼するのがおすすめの方法になります。

しかし、腕時計修理専門店の場合は、修理店によって技術にバラつきがあるので十分注意し、検討した上で依頼する修理店を選択することが重要です。

そのため事前にできる限りの情報を集め、腕時計修理専門店に関する知識を十分に身に付けてから、修理店を選ぶようにすることが大切になってきます。

依頼後に仕上がりで後悔することの無いように、本当に信頼の置ける腕時計修理店を見つけて、素晴らしい技術を持った本物の腕時計修理技能士が手掛ける、高品質なオーバーホールをパテックフィリップ・クォーツモデルで体験してください。

入力内容の確認

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています