2021.12.3

2022.2.3

グッチのオーバーホール料金や納期は?正規サービスと腕時計修理専門店の比較、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#9070 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(205)
    ["name"]=>
    string(15) "グッチ/GUCCI"
    ["slug"]=>
    string(5) "gucci"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(205)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(1)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "21"
    ["cat_ID"]=>
    int(205)
    ["category_count"]=>
    int(1)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(15) "グッチ/GUCCI"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "gucci"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#9075 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(229)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "57"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(229)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
グッチ/GUCCI
グッチのロゴ

世界の高級ブランドはトータルファッションコレクションと同時に、身に着ける装飾品として腕時計を強く意識しており、自社のブランドコレクションに必ずといってよいほど腕時計がラインアップされています。

老舗ブランドほどその傾向は強く、ここに取り上げるグッチも腕時計を重要なアイテムとしてブランドで展開しています。

しかしグッチが腕時計に参入したのは意外に最近で、最初のモデルを送り出したのが1972年になり、開発当初から積極的なスイス製ムーブメントの採用とイタリアならではのデザインセンスが融合したことで、またたく間にトップブランドへの仲間入りを果たすことになるのです。

グッチの腕時計の特徴はマニュファクチュールを行っている腕時計ブランドのような歴史に縛られず、ファッションブランドであることの強みを最大限に生かして、他に真似のできない独創的なデザインの腕時計を生み出している点にあります。

また専業ブランドではないことを逆に強みにして積極的に優れた外部ムーブメントを採用し、腕時計としての品質を維持することに成功していることも大きな魅力です。

グッチは現在もトップブランドとして革新的なデザインの腕時計を発表し続け、独自の世界を築き上げており、その進化はとどまるところを知りません。

そんなグッチの腕時計たちも定期的なメンテナンスを行わなくては購入時の性能を維持することは難しく、メンテナンスを怠ったまま使用すると故障の原因を生み、最悪の場合動かなくなってしまい時計としての役割を果たさなくなってしまいます。

中でもオーバーホールは基本となるメンテナンスで、数年に一回必ずオーバーホールを行うことは必須作業となり、腕時計を正常に保つための確実な手段といえます。

主な内容はいったん腕時計を製造元が預かり、分解・清掃作業を行い磨耗した部品や不具合があれば部品交換や修理作業を施し、注油・再組み立て・防水検査・最終調整を経てユーザーの元に返ってくるのです。

通常、グッチのオーバーホールに関しては全国の正規輸入販売代理店が受付窓口となり、正規サービスセンターが作業を行う形になります。

また、もろもろの事情から正規サービスセンターを利用しない場合には、優秀で信頼のあける腕時計修理専門店を利用する人も多く、おすすめです。

ここではグッチのオーバーホールに関して、正規サービスセンターと腕時計修理専門店との違いを紹介していきます。

グッチの腕時計をすでにお持ちの方にもこれから購入を検討中の人にもためになる情報がありますので、ぜひ読んでみてください。

グッチの腕時計はどのくらいの頻度でオーバーホールに出すべきなのか

デザインと同時に、ムーブメントの質も高いグッチの腕時計をオーバーホールするには、どのくらいの期間で行ったらよいのでしょうか。

構内の正規輸入販売代理店やグッチ正規サービスセンターでは、クォーツ式ムーブメントの場合7~8年間、機械式ムーブメントの場合、3~5年使用期間が経過したものについては速やかにオーバーホールを依頼するよう、強く推奨しています。

正規サービスセンターへグッチの腕時計をオーバーホールに出すとどのくらいの料金になるのか

グッチの腕時計に使用されているムーブメントはすべてスイス製の外注ムーブメントが使用されており、高精度になっています。

このグッチの腕時計を正規サービスセンターへオーバーホール依頼した場合、いったいどのくらいの料金と納期がかかるのでしょうか。

グッチ正規サービスセンターオーバーホール料金

駆動方式オーバーホール料金
クォーツ式ムーブメント29,700円
クオーツ式クロノグラフ42,900円
機械式自動巻きムーブメント37,400円
機械式自動巻きクロノグラフ49,500円

以上のような料金設定になっており、これらはあくまでオーバーホールのみの料金になっていて、作業工程の中で部品交換や修理作業が発生した場合には別途料金がかかってきます。

納期に関しては通常品で約1ヶ月、スイス送りや特殊品になると2~3ヶ月以上の期間を要しますので、オーバーホールを依頼する際には日数に余裕を持って依頼するようにしましょう。

また、グッチの腕時計をオーバーホールする際に、よく言われる並行差別はありませんので、保証書があり本物であることが証明されれば並行輸入品や海外購入品の場合でも正規品と同じくオーバーホールが受けられます。

グッチの腕時計を正規サービスセンターへオーバーホールに出すメリットとは

  • 並行輸入品・海外購入の品物でも正規品と同じくオーバーホールを受けられる
  • 修理・部品交換の際にはすべて純正部品が使用され、熟練した専門スタッフが作業を担当する
  • オーバーホール完了後のアフターサービスが行き届いている

直接正規サービスセンターへ問い合わせしたい場合

グッチクライアントサービス ☎フリーダイヤル 0120-99-2177 受付時間:10:00~20:00 Eメール assistance@jp-onlineshopping.gucci.com

出典:https://www.gucci.com/jp/ja/st/capsule/product-care

正規サービスセンターよりもお得な料金でオーバーホールを行ってくれる腕時計修理専門店について

グッチの腕時計をオーバーホールに出すにはやはり、正規サービスセンターを利用するのが得策といえますが、料金面や納期などもろもろの理由で正規サービスを利用しない場合には、優秀で技術の高い腕時計修理専門店に依頼するのがおすすめです。

料金に関しては店舗ごとに異なりますが平均相場で正規サービスセンターとの料金比較を、人気モデルで行って見ましょう。

グッチクーペ
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント17,600円29,700円
クオーツ式クロノグラフ30,800円42,900円
ダイヴ
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント17,600円29,700円
チェンジベゼル
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント17,600円29,700円
バングル
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント17,600円29,700円
タイムレス
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント17,600円29,700円
機械式自動巻きムーブメント19,800円37,400円
シンク
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント17,600円29,700円
パンテオン
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント17,600円29,700円
クオーツ式クロノグラフ30,800円42,900円
機械式自動巻きムーブメント19,800円37,400円
機械式自動巻きクロノグラフ30,800円49,500円

このような料金になっており、グッチ正規サービスセンターと比較するとかなりお得な料金設定になっています。

納期に関しても通常、正規サービスセンターなら約1ヶ月以上かかるところを2~3週間で仕上げてくれるので、大変便利で利用しやすくなっています。

しかし、腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する際には、グッチのムーブメントはスイス製で精度が高いので、なるべく技術の高い信頼の置ける店舗を探す必要があり、依頼の際には十分注意しなくてはなりません。

技術の優秀な腕時計修理専門店に巡り合うには

こと腕時計に関して日本は技術的に世界のトップに君臨しており、先進国といえ腕時計修理専門店の数も非常に多く、選択に迷うほど数があります。

しかし、本当に技術の高い信頼の置ける店舗となると数が限られてしまい、探すのに大変な労力を要します。

そういった場合にはうわべの情報だけを見るのではなく、インターネットなどで実際に店舗を利用したみた人の口コミを参照することや、その店舗に在籍している腕時計技能士が資格を取得しているかどうかを調べて見るとよいでしょう。

腕時計を修理する場合に資格は特に必要ありませんが、有資格者ならば時計を預ける際により信頼ができるのも明確な事実です。

日本には腕時計の修理資格として国家資格が設けられており、名称を腕時計修理技能士といい、3級からスタートして2級、1級とグレードがアップし、1級が最も上位の資格になります。

特に1級腕時計修理技能士は上級資格として登録されている資格なので、安心してオーバーホールを任せることができます。

もし訪れた店舗に1級腕時計修理技能士が在籍していればその店舗の信頼度は非常に高いです。

ですが、来店して時計を預ければ必ず1級腕時計修理技能士が作業を担当してくれるわけではないので、来店の際には詳細をしっかりと確認することが大切です。

腕時計修理専門店にグッチの腕時計をオーバーホール依頼するメリットとは

  1. 正規サービスに比べて敷居が低く相談しやすい
  2. 優秀な1級腕時計修理技能士が作業を担当すれば正規サービスと変わらない品質で作業してくれる
  3. 正規サービスよりオーバーホール料金が非常にお得

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

グッチの腕時計をオーバーホールに出す際には、腕時計修理専門店のほうが料金的にお得な場合が多い

グッチのようにムーブメントに外部の優秀なムーブメントを採用しているブランドの腕時計を、正規サービスセンター以外にオーバーホール依頼する場合には、優秀で信頼のおける腕時計修理専門店に依頼するのがおすすめです。

ですが、腕時計修理専門店の場合、店舗によって技術の高さが異なり、仕上がりに違いが出るので本当に信頼の置ける店舗に依頼しなくてはなりません。

ですので、できる限りの情報を集めて十分に知識をつけてから、後悔のない様に店舗の選択を行うようにするべきです。

そうすればきっと優秀な高い技術を持った腕時計修理専門店との出会いがあることでしょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています