2023.4.26

2023.4.26

ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計をオーバーホールするには、正規サービスと腕時計修理専門店、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#12585 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(304)
    ["name"]=>
    string(56) "ヴァンクリーフ&アーペル/VANCLEEF&ARPELS"
    ["slug"]=>
    string(14) "vancleefarpels"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(304)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(1)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "75"
    ["cat_ID"]=>
    int(304)
    ["category_count"]=>
    int(1)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(56) "ヴァンクリーフ&アーペル/VANCLEEF&ARPELS"
    ["category_nicename"]=>
    string(14) "vancleefarpels"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#12583 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(451)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "160"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(451)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
ヴァンクリーフ&アーペル/VANCLEEF&ARPELS
ヴァンクリーフ&アーペルのロゴ

フランス・パリ在住の宝石細工職人アルフレッド・ヴァンクリーフは1895年に宝石商の娘、エステル・アーペルとの結婚を機に父が経営するダイヤモンド商からの独立を考え、1906年、パリのヴァンドーム広場に最初のブティックを開きます。

自身の持つ優れた宝石加工技術を生かし、創業当初はオーダーによる宝飾オブジェや装飾品の制作を地道に続け地力を付け、1916年に樹木等の独創的で貴重な素材を用いたオリジナル作品「タッチウッド」ジュエリーを発表、一躍注目を浴びる事になるのです。

1920年代に入るとヴァンクリーフは当時流行していた東洋のモチーフを取り入れたジュエリーやオブジェを創作し、同時期にメゾンの名前をヴァンクリーフ&アーペルと制定、このころからプラチナとダイヤモンドを用いたシークレット リストウォッチの創作を始めます。

そして1933年には石を留める金属類を表からまったく見せずに、貴石をセットする独自の技法、「ミステリーセット」を発明、技法の特許を取得します。

さらに1935年、東洋の南京錠(カデナ)とスネークチェーンをモチーフとした、斬新なデザインのリストウォッチ「カナデウォッチ」が満を持して発表され、遂に本格的なウォッチコレクションがヴァンクリーフ&アーペルのラインアップに加わりました。

また、ヴァンクリーフ&アーペルはデザイナー、ピエール・アーペルが自身の為に紳士用腕時計を初めてデザインし、瀟洒なセンターアタッチメントを採用し洗練されたラウンドケースが特徴のメンズウォッチは、その後現在まで続くメインコレクションとして採用されます。

一方、ジュエリーコレクションは1956年に皇太子夫人のグレース・ケリーが身に着けたことで、モナコ皇室御用達のジュエリーに任命され、世界的ジュエリーブランドの称号を得ます。

その後もヴァンクリーフ&アーペルはジュエリーと共にオリジナルウォッチを着実な歩みで創作を続け、2000年代に入りポエティック コンプリケーション ウォッチ コレクションで、念願であったジュエリーと高精度腕時計の融合に成功、現在も芸術的なデザインと高度な時計製造技術が同居した、オリジナルウォッチを創造し続けているのです。

しかし、どんなに優秀なメカニズムを持ち、高価な素材を採用した腕時計でも、定期的なメンテナンスを怠り誤った使用法を続けていると、故障の原因を引き起こすことになり、最悪の場合動作しなくなり腕時計としての価値を失うことになります。

こうした最悪の事態を避けるため定期的なメンテナンスは必須事項であり、特に防水検査を含んだオーバーホールは数あるメンテナンス作業の中でも基本中の基本といえ、数年に一度必ず行わなくてはならない重要な作業です。

ヴァンクリーフ&アーペルのメンテナンス・オーバーホールについては、日本では全国の正規輸入販売代理店が窓口となり、正規サービスである東京・ヴァンクリーフ&アーペル銀座メゾンに作業が集約されています。

また、予算・納期等もろもろの事情で正規サービスを利用しない場合には、高い技術を持ち、信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼する手段もあり、利用しているユーザーも多いです。

ここでは、ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計に関するオーバーホールについて、正規サービスの対応と腕時計修理専門店の対応に関する違いを紹介します。

ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計をすでに所有している方も、新たに購入を検討中の人にも為になる情報がありますので、是非この機会に目を通してください。

ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計をベストなコンディションで使用するには、購入後どの時期でオーバーホールに出すべきか

優れたムーブメント性能と扱いの繊細な高級素材・ジュエリーをケースに採用している、ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計を良好なコンディションで使い続けるためには、購入後どの時期にメンテナンスに出すべきなのでしょうか。

全国の正規輸入販売代理店や正規サービス・ヴァンクリーフ&アーペル銀座メゾンでは、ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計に搭載されている機械式ム-ブメントは、最低で3~5年ごと、クォーツ式の場合でも7~8年ごとにはオーバーホールが必要と推奨していますので、参考にしましょう。

正規サービスへヴァンクリーフ&アーペルの腕時計をオーバーホール依頼した場合どのくらい納期や料金がかかるのか

ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計を良好に使用するため、正規サービスにメンテナンスを依頼すると、どのくらいの期間と料金がかかるのでしょうか。

ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計は高精度なクォーツ式・機械式ムーブメントと共に、ケースに芸術的ともいえる難易度の高い彫金・宝石加工技術を用いて製造されています。

正規―サービスはメンテナンス・オーバーホールをコンプリートサービスと呼び、来店持ち込みと専門フリーダイヤルでの郵送受付・ホームコレクトサービスを設立し、万全なアフター体制を整えています。

ここではヴァンクリーフ&アーペルの正規サービス・オーバーホール料金を見てみることにしましょう。

ヴァンクリーフ&アーペル・ムーブメント仕様 コンプリートサービス料金
クォーツ式ムーブメント 43,560円~
機械式手巻きムーブメント 88,000円~
機械式自動巻きムーブメント 88,000円~
自動巻きクロノグラフムーブメント 142,500円~
特殊加工・特殊機能付き/無垢ケース素材採用モデル等 290,400円~要見積り

このような料金で、主な作業内容はムーブメントの分解・磨耗部品の交換・洗浄・調整、組立・注油・機能確認、防水検査・機能及び動作の最終検査です。

納期については約1ヶ月が目安となっており、特殊機能付きや無垢ケース・特殊加工品等の場合は、要見積りで納期が長くなります。

また、アンティーク扱いとなる年代の古いモデルに関しても、ヴァンクリーフ&アーペルでは修復サービスを行っており本社特別見積りで、可能な限りメンテナンスを行っています。

しかし、純正交換部品が無い・部品損傷が激しく修復不可能な場合は作業不可として返却されるケースもありますので、古いモデルのメンテナンスを依頼する際は注意が必要です。

正規サービスへヴァンクリーフ&アーペルの腕時計をオーバーホール依頼するメリット

  • 製造販売元にサービスを依頼するため安心感が高い
  • コンプリートサービスによって細部まで点検・オーバーホールを提供
  • アンティーク扱いの古いモデルについても修復サービスを設け対応

直接正規サービスへ問い合わせをしたい場合

ヴァンクリーフ & アーペル 銀座本店 〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目5-6 TEL:03-3563-1906 営業時間:11:00~20:00 不定休

ホームコレクトサービス問い合わせ 電話受付:0120-10-1906 受付時間:11:00~19:00 年末年始休み

出典:ヴァンクリーフ&アーペル公式サイト

正規サービスより柔軟な対応でオーバーホールを行ってくれる腕時計修理専門店とは

ヴァンクリーフ&アーペルをオーバーホールする際、納期や予算等もろもろの事情で正規サービスを利用しない場合は、優秀な技術を持った信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼する方法がおすすめの方法です。

時計修理専門店のメリットは正規サービスより安くオーバーホールの依頼ができること、デメリットは修理店によって時計修理の技術にバラつきがある事が挙げられ、優秀な技術を持つ技術士が在籍する修理店へお願いする事が大切になります。

修理専門店によってオーバーホール料金にバラつきがありますが、平均相場を正規サービスの料金と比較してみましょう。

ヴァンクリーフ&アーペル・ムーブメント仕様 修理専門店 メーカー依頼
クォーツ式ムーブメント 19,800円~相談 43,560円~
機械式手巻きムーブメント 19,800円~応相談 88,000円~
機械式自動巻きムーブメント 22,000円~応相談 88,000円~
自動巻きクロノグラフムーブメント 33,000円~応相談 142,500円~
特殊加工・特殊機能付き/無垢ケース素材採用モデル等 要見積り・応相談 290,400円~要見積り

このような料金相場になっており、正規サービス料金と比較すると、かなりお得な料金設定が魅力で、納期の方も正規サービスだと最低約1ヶ月かかるところを3~4週間で納品してくれ、かなり便利で利用しやすくなっています。

また、ヴァンクリーフ&アーペルは創成期のモデルから80年以上の歴史を持ち、製造からかなりの年月を経たアンティークモデルもあります。

そこで、正規サービスでは修復サービスを設け可能な限りサービスを受け付けていますが、見積り扱いで高額な上に場合によっては作業不能とされ返却されるモデルもあります。

腕時計修理専門店の場合は、優秀な店舗ならば古いパーツのストックを持っていたり、ベテランの優れた時計技能士になると部品を一から作り起こしできる技能士もいるため、柔軟な対応でモデルに関わらず高品質なオーバーホールが可能です。

しかし、ヴァンクリーフ&アーペルに搭載されているムーブメントはクォーツ・機械式共に優秀なスイス製ムーブメントで、腕時計修理専門店へお願いする場合は、優秀な技術と施設を持った信頼の置ける店舗へ依頼する必要があり、注意して修理店を選択することが重要となります。

本当に信頼ができる高度な技術を持った腕時計修理専門店を見つける方法とは

日本は長い歴史で培われた、時計大国スイス・ドイツと肩を並べる腕時計製造・修理の技術力があり、そのレベルは世界最高品質と認められています。

さらに腕時計技術士の数も多く、選択に悩むほどの腕時計修理専門店があり、一見簡単にオーバーホールや修理ができると考えがちです。

しかし、本当に信頼の置ける高度な技術を持った技術士が在籍する腕時計修理専門店となると、数は非常に少なく、見つける為にかなりの労力を要し苦労することになります。

さらにコマーシャルや店舗の規模などでは、どこの修理店が本当に高い技術を持っているのか情報が乏しいので、自分でインターネットやSNSの実際に修理店に依頼した人の口コミを見るとか、その修理店に在籍している腕時計技能士の取得している資格に着目するのが賢明な方法です。

時計先進国の日本では腕時計技術士が取得可能な国家資格があり、名称が時計修理技能士という資格で、目的は腕時計技術士の技術向上にあり、3級から資格がスタートし、2級、1級とグレードが上がり、最上資格は1級腕時計修理技能士です。

1級腕時計修理技能士は権威も高く最も取得困難な難易度の高い資格になっており、資格の有無は、優秀な修理専門店を見極める一つの目安になります。

さらに1級腕時計修理技能士は上級資格として登録されている資格で、経験豊富な1級腕時計修理技能士が在籍している修理店は技術が高く信頼が置けるといえます。

ですが実際の作業は、必ず優秀な1級腕時計修理技能士が自分の腕時計を担当してくれる事は無いので、店舗に来店した際には必ず担当技術士と面談を行い詳細を確認することが大切です。

ヴァンクリーフ&アーペルの腕時計を優秀な腕時計修理専門店にオーバーホール依頼するメリット

  1. 正規サービスに比べ対応が柔軟で気軽に相談ができる
  2. 優秀で経験豊かな1級腕時計修理技能士が担当すれば正規サービスとオーバーホールの品質は同じ
  3. 正規サービスより納期も早くアンティークの古いモデルでも格安で高品質なオーバーホールが可能

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

正規サービス以外でヴァンクリーフ&アーペルのオーバーホールを依頼する場合信頼の置ける優秀な腕時計修理専門店に依頼するのが相談しやすくお得で安心

ヴァンクリーフ&アーペルのような加工に高い技術の必要な宝石や高級素材をケースに採用し、高精度スイス製ムーブメント搭載の腕時計をオーバーホールするには、正規輸入販売代理店を通して正規サービスへ依頼するのが安心できます。

しかし予算や納期などもろもろの理由から、正規サービス以外にオーバーホール先を検討している場合は、優秀な信頼できる腕時計修理専門店がおすすめの依頼先です。

しかし、腕時計修理専門店の場合は、修理店によって技術にバラつきがあるので十分に注意・検討を怠らず、信頼の置ける技術の優秀な修理店を選択することが大切なポイントになります。

そのため事前にできる限りの情報を集め、腕時計修理専門店に関する基礎知識を十分に身に付けてから、間違いのない修理店を選ぶようにすることが必須事項です。

依頼後に品質で後悔することの無いように、本当に信頼の置ける腕時計修理店を選択し、匠の技術を持つ本物の腕時計修理技能士が手掛ける、ヴァンクリーフ&アーペルの高品質なオーバーホールを体験してください。

入力内容の確認

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています