2021.3.24

2021.3.24

ロレックス デイトジャスト16233のオーバーホールを行いました。

array(1) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#10549 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(268)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "63"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(268)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
時計
ロレックスのデイトジャスト16233のオーバーホール

時計の状態

  • 定期的なオーバーホール
  • クラスプ破損

定期的なオーバーホールとは?

機械式時計は4年~5年に一度、定期的にオーバーホールを受けることが推奨されております。

オーバーホールではパーツ単位まで丁寧に分解し汚れたオイルを洗浄し調整を行ながら、再度組み立てて正常の精度に近ずける点検作業になります。

定期的なオーバーホールを行う事によって未然に大きな故障を防ぐ目的があります。

クラスプ破損とは?

クラスプとは留め金部分の事ですが、長年の使用により定年劣化し破損てしまう事があります。破損部分が大きく変形していなかったり紛失していないものであれば溶接し取付ることが可能です。

オーバーホール・修理内容

メンテナンス内容数量金額
オーバーホール133,000円
クラスプ折れピン修理15,000円
ガラス用テフロンパッキン交換17,000円
外装ポリッシュ磨き10円
パッキン交換・防水検査10円

料金:45,000円

1年間の動作保証をお付けしております。

この時計のメンテナンスした若林宏明さんってどんな人?

年間5000本を超える修理・オーバーホールを行いながら、腕時計に関する知識や技術を習得しました。

また、ETAインターナショナルトレーニングの実習を受けた経験があり、オメガ、グラスヒュッテ・オリジナル、ロンジン、ラドー、などスウォッチ・グループの傘下に入っているブランドのメンテナンスも確かな技術で対応させて頂きます。

仕事を通じて身につけた技術力や知識を丁寧にそそぎ1つ1つより良い状態でお戻しいたします。



若林宏明さんのオーバーホールの料金

クォーツ(電池式時計)

  • スタンダードモデル:9,000円~
  • クロノグラフ:25,000円~

機械式(ゼンマイ)

  • スタンダードモデル:20,000円~
  • クロノグラフ:35,000円~

※実際の料金は時計をお預かりして、技術者による診断実施後に確定いたします。記載されている料金は目安としてご参考ください。

時計職人の若林宏明さんに見積もり依頼をしてみませんか

お見積もり依頼を頂いた場合ご自宅に見積もり発送キットを無料にて送付致します。
時計をお預かりしたのち、正式な見積り額をお知らせ致します。

クラフトワカーズに所属している職人全員にまとめて見積もりをする

まとめて見積もりフォームから時計の情報を記入し送信するだけで、CraftWorkersにて紹介している複数の職人から概算見積もりをメールで受け取れます。

まとめて見積もりでは、住所、電話番号は記入する必要はありません。

複数の見積もりが届いたあと、依頼したい職人が居た場合のみ、無料配送キットをお送りするため、住所、電話番号を伝える必要があります。

現在5名の時計職人から、まとめて見積もりを受け取る事ができます。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています