2023.1.19

2023.1.19

オメガのアンティークウォッチをオーバーホールするには、正規サービスと腕時計修理専門店、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#10954 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(152)
    ["name"]=>
    string(15) "オメガ/OMEGA"
    ["slug"]=>
    string(5) "omega"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(152)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(17)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "79"
    ["cat_ID"]=>
    int(152)
    ["category_count"]=>
    int(17)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(15) "オメガ/OMEGA"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "omega"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#10948 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(307)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "84"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(307)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
オメガ/OMEGA
オメガアンティーク、ヴィンテージのオーバーホール

スイスの老舗時計ブランド・オメガは1848年の創業以来、時計史に残る名作腕時計を多数発表し、現在も進歩と革新に溢れたオリジナルコレクションを提供、世界中の腕時計ファンを虜にしています。

そんなオメガですが、誕生からの長い歴史で名機と呼ばれるコレクションが多く存在し、製造が終了した現在も愛用され、中古市場で高値を付ける時計も珍しくありません。

一般的なイメージだと、アンティーク(ヴィンテージウォッチともいう)ウォッチと呼ばれるのは、クォーツ式ムーブメント誕生前の1970年代以前に作られた機械式腕時計を指すことが多いです。

その多くは製造終了から時を経ているため、オメガのショップには取り扱いが無く、ほとんどが中古市場で販売されている状況です。

比較的現行モデルと比べて価格が求めやすいものもありますが、中には希少性からプレミアが付いているモデルもあり、現行モデルの数倍する価格で取引されているものもあります。

アンティークウォッチの大きな魅力は時代の荒波を乗り越えた、普遍的なクラシカルデザインにあり、さらに現在ほど大量生産を強いられる時代ではなかったため、熟練した時計職人が精魂込めて作り上げた、高度な技術による機械式ムーブメントの高い性能が挙げられます。

こういった単なるモノとしてではなく、その時計が歩んできた歴史や時代背景なども楽しみながら、一生モノのコレクションを身に付ける喜びが、現在もアンティークウォッチを求める人が多い要因です。

これらアンティークモデルの腕時計は、製造されてから年数が長く経過しているため、当然ですが内部のムーブメントは機械式で部品は磨耗したり傷んでいるものもあります。

ですので、現在ショップで販売されているコレクションよりもいっそう、メンテナンスやオーバーホールが必要です。

中古販売専門店ではほとんどがメンテナンスを販売前に施していますが、経年劣化により使用する上では取り扱いも多少デリケートになり、メンテナンスの回数も多くなります。

また、正規サービスではメンテナンスの部品保有期間が決まっており、製造終了後10~15年以上経過したコレクションはオメガ正規サービス自体に純製部品が存在せず、モデルによってはオーバーホールを断られる場合もあり、注意が必要です。

よって正規サービスを通してオメガのアンティークコレクションをメンテナンスしたい場合は、スイス本社へ確認を取る必要があり、ハードルが高くなります。

そのような理由からアンティークウォッチのユーザーの中には、優秀な技術を持つ腕時計修理専門店を見つけて利用している人も多く、かえって修理専門店の方が利便性は高いです。

ここでは、オメガのアンティークウォッチをメンテナンスする場合、正規サービスと腕時計修理専門店・それぞれの取り扱いの違いについて紹介していきます。

オメガのアンティークウォッチを所有している方はもちろん、中古で購入を検討中の人にも参考になる情報を調べましたので、是非この機会に一読してください。

オメガのアンティークウォッチを快適に使用するには、コンディションに合わせたメンテナンス・オーバーホールが必要不可欠

オメガに限らないことですが、製造からかなりの期間を経た機械式腕時計は経年劣化により各部品の磨耗や傷み、駆動系統の油切れなどを起こしており、新品よりもコンディション的には劣ったものになります。

そのため、中古販売店で購入の際は必ず時計自体のコンディションを確認することが大切で、店舗に並ぶ際にオーバーホール・メンテナンスが実施されているか購入前に質問することが必須事項です。

通常、機械式腕時計の場合は各ブランド共通で、3~5年ごとにはオーバーホール・点検が必要なので、購入前の時計がメンテナンスされていない場合は、購入後大きなリスクを抱えることになります。

また、すでに購入済みの腕時計に関して、購入後3年以上状態を確認していない場合は、直ちに正規サービスセンターか、信頼の置ける腕時計修理専門店へメンテナンスを依頼する必要があります。

正規サービスの場合、基本的に10~15年の部品保有期限を過ぎたアンティークウォッチは、部品交換が生じた場合現状の最新部品で代用されるか、修理不能として戻されるケースが多いです。

アンティークウォッチに対するオメガ正規サービスの対応

オメガはメンテナンスサービスの一環として、部品保有期間を過ぎた自社製の時計に関しては修復サービスを別メニューで行っています。

基本的に1940年以前に製造されたオリジナルモデルが対象で、作業はスイス本社のみで行っているため、料金が高額になり納期も3ヶ月以上と大幅に長くなります。

オメガ修復サービス概要

修復ムーブメントキャリバー仕様推奨公示価格
メカニカル(機械式ムーブメント)最低価格256,300円~

このような料金設定で、作業の可・不可はスイス本社で確認を行ってからになります。

モデルの時期・ムーブメントの仕様によってはメンテナンス不可となる場合もありますので、判断の期間は十分余裕を持って依頼したほうが良いでしょう。

この作業にはオメガ・コンプリートサービスと同じく、24ヶ月の動作保証が付きますので、安心度は高いサービス内容になっています。

オメガ修復サービスを利用するメリット

  • 1940年以前に製造の古いモデルでもメンテナンスが可能
  • コンプリート メンテナンス サービスと同じく24ヶ月の動作保証が付き安心感が高い
  • ムーブメントの製造時期・コレクションの種類によっては作業不可のモデルもある

詳細をメーカーに確認したい場合

オメガ東京カスタマーサービス 〒104-8188 東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエックセンター5F TEL:03-6524-7300 電話受付:平日9:30~18:00 土日祝日休み 来店受付 : 月-土11:00~20:00, 日・祝日11:00~19:00

出典:オメガ公式サイト

正規サービスと比較し対応が柔軟で正規サービス作業不可のモデルもオーバーホール可能な修理専門店とは

オメガのアンティークウォッチは正規サービスの場合、スイス本社で修復が可能なモデル以外は、基本的に10~15年の部品保有期限を過ぎており、オーバーホールの際に部品がオリジナルではなく現行部品で代用されたりして、オリジナルの価値を下げてしまったり修理不能として戻される場合もあります。

そこでユーザーの中には信頼の置ける高い技術を持った、腕時計修理専門店に敢えて依頼する人も多いです。

大きな理由としては修理専門店の選択によって、オリジナルの部品をストックとして持っていたり、一から部品を作り起しする店舗もあり、正規サービスで作業不可なモデルもオーバーホールしてもらえる可能性が高いことが挙げられます。

時計修理専門店のメリットは正規サービスより安くオーバーホールの依頼ができること、デメリットは修理店によって時計修理の技術にバラつきがある事です。

ですので修理専門店の選択は重要事項で、失敗の無いお店選びが重要です。

修理専門店によってオーバーホール料金にバラつきはありますが、オメガ・アンティークウォッチのオーバーホール平均相場を調べて見ましょう。

オメガアンティーク・ムーブメントキャリバー仕様修理専門店正規カスタマー修復サービス
メカニカル(機械式ムーブメント)要見積り:30,000円~最低価格256,300円~

このような料金相場で、正規カスタマー修復サービスと比較するとかなり割安な料金に設定されており、お得感があります。

納期の方も正規サービスだと最低約3ヶ月以上かかるところを3~4週間で納品してくれるので、かなり融通も利きます。

また、優秀な修理専門店なら、正規サービスでは対応できないモデルも、場合によっては部品を作り起しするなど柔軟な対応で、オーバーホールできる可能性が高いです。

しかし、修理専門店にオメガのアンティークウォッチを預ける場合は、機械式腕時計に対する豊富な知識と豊かな経験も積んでいる事が要求されるので、優秀な技術と施設を持った信頼の置ける店舗へ依頼する必要があり、十分吟味して修理店を選択することが重要になります。

本当に信頼の置ける高度な技術を持った腕時計修理専門店と出会う方法とは

日本には時計大国スイス・ドイツと肩を並べる腕時計製造・修理の技術力があり、そのレベルは世界最高品質と世界が認めています。

さらに腕時計技術士の数も多く、選択に悩むほどの腕時計修理専門店があり、一見簡単にオーバーホールや修理ができると考えがちです。

しかし、本当に信頼できる高度な技術を持った技術士が在籍する腕時計修理専門店となると、数は非常に少なく、見つけ出すのにかなり苦労することになります。

さらにコマーシャルや店舗の規模などでは、どこの修理店が本当に高い技術を持っているのか情報が乏しいので、自分でインターネットやSNSの実際に修理店に依頼した人の口コミを見る・その修理店に在籍している腕時計技能士の取得している資格に着目する・等が一番確実です。

幸い日本は腕時計技術士が取得可能な国家資格があり、名称が時計修理技能士という資格で、目的は腕時計技術士の技術向上にあり、3級から資格がスタートし、2級、1級とグレードが上がり、最上資格は1級腕時計修理技能士になります。

1級腕時計修理技能士は権威も高く最も取得困難な難易度の高い資格になっており、優秀な修理専門店を見極める一つの目安になるでしょう。

さらに1級腕時計修理技能士は上級資格として登録されている資格になり、経験豊富な1級腕時計修理技能士が在籍し、設備も整っている修理店は技術が高く信頼が置けるといえます。

ですが実際の作業で、必ず優秀な1級腕時計修理技能士が自分の腕時計を担当してくれる訳ではないので、店舗に来店した際には必ず担当技術士と面談を行い詳細を確認することが必須です。

オメガのアンティークウォッチを優秀な腕時計修理専門店にオーバーホール依頼するメリット

  1. 正規サービスで断られた時計でも柔軟に対応してくれ安心して相談できる
  2. 優秀で経験豊かな1級腕時計修理技能士が担当すれば正規サービスで修理不可だった時計でもオーバーホールができる可能性が高い
  3. オーバーホール料金も正規サービスより大幅にお得で作業内容も引けを取らない

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

オメガのアンティーク腕時計のオーバーホールを正規サービスで断られた場合信頼の置ける優秀な技術を持った腕時計修理専門店に依頼するとオーバーホール可能な場合がある

製造から長い年月を経たオメガの腕時計の場合、アンティークウォッチの扱いになりオーバーホールを正規サービスへお願いしても、高額な料金と長期にわたる期間がかかり、モデルの製造時期によってはオーバーホール不可になり戻されるケースがあります。

こういった場合には優秀で高度な技術を持ち、施設や設備も整った腕時計修理専門店に持ち込むと正規サービスで出来なかったオーバーホールも可能になる場合があり、一つの方法としておすすめです。

ですが、腕時計修理専門店の場合は、修理店によって技術にバラつきがあり、十分に注意・検討を怠らず、本当に信頼の置ける技術の優秀な修理店を選択することが最も大切になります。

そのため事前にできる限りの情報を集め、腕時計修理専門店に関する基礎知識を十分に身に付けてから、間違いのない修理店を選ぶようにすることが重要です。

希少価値の高い時計を安心して預けられる、本当に信頼が置け技術の高い腕時計修理店を見つけ、匠の技術を持つ本物の腕時計修理技能士が手掛ける、オメガ・アンアンティークウォッチの高品質なオーバーホールを体験してください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています