2021.7.28

2021.8.20

ルイヴィトンのオーバーホール料金や納期は。正規と修理専門店の比較、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#10615 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(159)
    ["name"]=>
    string(31) "ルイヴィトン/LOUISVUITTON"
    ["slug"]=>
    string(12) "louisvuitton"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(159)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(1)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "54"
    ["cat_ID"]=>
    int(159)
    ["category_count"]=>
    int(1)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(31) "ルイヴィトン/LOUISVUITTON"
    ["category_nicename"]=>
    string(12) "louisvuitton"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#10611 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(268)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "63"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(268)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
ルイヴィトン/LOUISVUITTON
ルイヴィトンのロゴ

ルイヴィトンといえば世界で知らぬ者はいないくらいのビッグネームとしてブランド界に君臨していますが、もともとの成り立ちが旅行用トランクであることは現在では気が付く人は少ないのではないでしょうか。

1886年、トランクそのものが旅行者にとって全財産を守るための必需品であった時代に、2個のスプリングを用いた錠前のシステムを発明、瞬く間にルイヴィトンは世界中のセレブの支持を獲得し一流バッグブランドとしての地位を獲得しました。

そんな旅をテーマにブランドデザインを手掛けているルイヴィトンが腕時計に触手を伸ばしたのは必然といってよい流れといえます。

しかしルイヴィトンが本格的に腕時計の製造に乗り出すのは以外にも遅く2002年のことになり、2002年にその当時流行していたビッグサイズのケースを取りいれ、太鼓をモチーフにしたといわれる名機タンブールを発表します。

当時ルイヴィトンはムーブメントの製造ラインを持っておらず、機械部分に関してはゼニスやタグホイヤー・ウブロなどの一流腕時計ブランドの協力を仰ぎムーブメントととして採用していましたが、自社製ムーブメントを開発することは、ルイヴィトンの悲願ともいえる事でした。

その努力が実を結び、2011年には自社製ムーブメント搭載のタンブール・ミニッツリピーターを発表し、ルイヴィトンとしての腕時計の実力を世界に知らしめます。

腕時計ブランドとしても目覚ましいい躍進を遂げた、ルイヴィトンの腕時計を長く愛用する上で定期的メンテナンスは必要不可欠なものであり、特にオーバーホールは必須事項といえるものです。

ルイヴィトンは長い歴史の中で一流ブランド製ムーブメントや自社製ムーブメントまで、様々な種類を採用しているのでメンテナンスを依頼するにはルイヴィトンクライアントケアサービスに依頼するのが安心できます。

ルイヴィトンの時計を知り尽くした専門スタッフが常駐し、オリジナルパーツを使用した確実な技術で完璧なアフターケアを行ってくれます。

しかし料金もかなりの金額になるので、コストを考える人や納期の短縮を望む人には優秀な技術を持った腕時計修理専門店に依頼するのも有効な方法です。

腕時計修理専門店に依頼するとリーズナブルな料金で優秀な技能士が作業を手がけさえすれば、正規サービスと変わらない質のオーバーホールが期待できます。

ここではルイヴィトンクライアントケアサービスと腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する際の注意点や、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきますので、ルイヴィトンの腕時計をすでに所有している人やこれから購入を考えている人にも見逃せない内容になっていますのでぜひ読んでみてください。

ルイヴィトンクライアントケアサービスにオーバーホールを依頼するおすすめ期間について

特にルイヴィトンのように社外ブランドのムーブメントを採用していたり、自社製ムーブメントのモデルも存在するブランドをオーバーホールするには定期的に正規サービスに依頼する必要があり、必須事項になってきます。

クオーツ式ムーブメントで使用期間が7~8年、機械式ムーブメントで4~5年経過したものに関しては、オーバーホールを依頼することが必ず必要になってきます。

作業内容としては分解・清掃・注油・摩耗部品の部品交換・各種点検・防水検査・再組立て・最終チェックが主な内容になってきます。

ルイヴィトンクライアントケアサービスにオーバーホールを依頼すると料金・納期はどのくらいになるのか

ルイヴィトンの腕時計をオーバーホールするには全国の正規販売店に持ち込むか、ルイヴィトンクライアントケアサービスに直接依頼する形になります。

ではルイヴィトンクライアントケアサービスにオーバーホールを依頼した場合、料金や納期はどのくらいになるのでしょうか。

正規サービス ルイヴィトンクライアントケアサービスオーバーホール料金

駆動方式・モデルオーバーホール料金
クォーツ式39,600円~
自動巻き62,700円~
自動巻きクロノグラフ要見積り

ルイヴィトンは基本オーバーホールに関して時計預かり後の見積り対応で行っているので、上記の料金はあくまで概算料金になります。

これらの料金に関してはオーバーホールのみの料金になっており、作業上部品交換などが生じた場合には別途料金がかかってきます。

納期に関しては6週間ほどかかりますので依頼する場合には余裕をもってお願いすることが必要になります。

すべての作業はルイヴィトン専門の技術士が行い、万全のアフターサービスが魅力です。

さらに並行輸入で購入した腕時計の場合も保証書の添付があり、本物であることが証明されれば同様のメンテナンスが受けられます。

ルイヴィトンクライアントケアサービスにオーバーホールを依頼する方法について

ルイヴィトンのメンテナンスに関しては基本全国の正規ブティックが受付しているので、そちらへ持ち込むかルイヴィトンクライアントケアサービスに直接電話依頼する形になります。

ルイヴィトンクライアントケアサービスに依頼するメリットは

  • ルイヴィトン専門の技術者が作業を手掛けるので確実
  • 納期が6週間と余裕を取っているので安心感が高い
  • 部品交換に関しては全て純正パーツを使用

ルイヴィトンクライアントケアサービス ☎0120-00-1854 営業日:年始を除き年中無休

出典:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/repair

ルイヴィトンクライアントケアサービス以外に格安な料金でオーバーホールできる腕時計修理専門店は

ルイヴィトンクライアントケアサービスは安心度という意味では信頼が置けますが、料金的に高価なので二の足を踏んでしまうという人には、割安な料金でオーバーホールができる腕時計修理専門店を利用するのもおすすめです。

料金はお店によってバラつきはありますが平均相場料金で、ルイヴィトンの人気モデル正規サービス料金と比較してみましょう。

エスカル
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント27,500円62,700円
タンブール
タイプ・仕様修理専門店メーカー依頼
自動巻きムーブメント27,500円62,700円
自動巻きクロノグラフ44,000円要見積り

上記のようになっており、かなりお得な料金設定になっていますが、特にタンブールのクロノグラフに関しては正規サービスが要見積りになっているので、料金が明確な腕時計修理専門店はお得感が高くなっています。

さらに納期に関しては正規サービスが約6週間かかるのに対して、3週間ほどで仕上がるので納期の早さも魅力です。

タンブールにはクロノグラフ機能・エスカルにはワールドタイムと、オーバーホールの際に技術の高さを要求される機能が搭載されていますので、腕時計修理専門店を利用する場合には優秀な技術を持った専門店に依頼する必要がありますので店舗の見極めが重要になってきます。

優秀な技術の高い修理専門店に巡り合うには

腕時計に関しては先進国である日本は腕時計修理専門店の数が多く、どの店舗に依頼したら良いのか迷ってしまうことが多いです。

この場合、店舗を見極める目安として在籍している技能士の取得資格を参考にすると良いでしょう。

腕時計修理技能士という資格が国家資格としてあり、3級・2級・1級とランクがありますが最も技能士として信頼が置ける高い資格は1級腕時計修理技能士で、この資格は上級資格として登録されているので、信頼度を測る良い目安になるでしょう。

ですが、実際にお店に行ってオーバーホールを依頼した場合に、必ずしも1級腕時計修理技能士が作業を手掛けるとは限らないので、店舗を尋ねた場合にはしっかり内容を確認するようにしましょう。

1級腕時計修理技能士の資格を持ち修理担当歴の豊富な腕時計修理技能士が担当してくれれば、正規サービスに劣らない質のオーバーホールを提供してくれます。

腕時計修理専門店にルイヴィトンの腕時計をオーバーホール依頼する大きなメリット

  1. 正規サービスに比べてーバーホールがお得
  2. 修理担当歴の豊富な資格技能士が作業を担当すれば正規サービスと同じ質のオーバーホールが期待できる
  3. 1級腕時計修理技能士にお願いすることが大切なので店舗にはよく相談する事

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

ルイヴィトンの腕時計は腕時計修理専門店でも正規サービスに劣らないオーバーホールが可能

ルイヴィトンのような一流ムーブメントメーカーのムーブメントや、自社製の高精度なムーブメントを採用している腕時計をオーバーホール依頼するには、ルイヴィトンクライアントケアサービスに依頼するか優秀な技術の高い腕時計修理専門店に依頼するかのいずれかになり、それぞれのメリット・デメリットがありますので、自分の要望に合わせて選択するとよいでしょう。

料金的には腕時計修理専門店の方がお得ですし、パーツなどの融通も利き優秀な技能士が担当すれば質も見劣りしないので、メリットは大きいでしょう。

しかし優秀な技能士に担当してもらうには店舗の見極めが大切になりますので、くれぐれも情報を多く収集して間違いの無い腕時計修理専門店選びをしてください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています