2023.5.26

2023.5.26

オメガ・コーアクシャルムーブメントを搭載した腕時計のオーバーホールは正規サービスと腕時計修理専門でどのように違う?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#12295 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(152)
    ["name"]=>
    string(15) "オメガ/OMEGA"
    ["slug"]=>
    string(5) "omega"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(152)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(21)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "149"
    ["cat_ID"]=>
    int(152)
    ["category_count"]=>
    int(21)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(15) "オメガ/OMEGA"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "omega"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#12285 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(452)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "154"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(452)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
オメガ/OMEGA
オメガ コーアクシャルのシーマスターオーバーホール

高級腕時計製造の本場、スイスには数々の名門ブランドが存在し、いずれも時計史に名を刻む革新的技術で優れた腕時計を送り出しています。

1848年に当時23歳の若き優秀な時計職人、ルイ・ブランがスイスの小さな村ラ・ショー・ド・フォンに地小さな時計工房を開いたのが、現在世界の腕時計トップブランドである、オメガの始まりです。

創業当初は小規模ながら優れた機械式ムーブメントを製造し、ヨーロッパ内でも評判の工房に数えられるようになります。

1885年に初の量産型キャリバー「ラブラドール」を開発、優れた精度のムーブメントを大量に生産することを可能にします。

そして1892年に世界初となるミニッツリピーター機能が付いた腕時計の開発に成功、発表されると世界中で高い評価を獲得し、本格的に機械式腕時計の生産に乗り出すことになるのです。

1894年に新作キャリバー19ラインの名をブランド名に採用、企業名をオメガ・ウォッチと名付けます。

オメガはその後も革新的な発明で名器と呼ばれる腕時計コレクションを次々と発表、現在も業界のトップリーダーとして世界中の腕時計マニアに愛用されています。

オメガが生み出した革新的な発明は数多くありますが、現在も他を寄せ付けない独自のアイディアと、最高峰の機能を備えたムーブメントが有名な「コーアクシャルムーブメント」です。

それまで、腕時計の心臓部となる機械式ムーブメントは、その精密で複雑な構造ゆえ部品の使用年数による摩耗と傷みは避けられない問題であり、定期的なムーブメントの点検やオイルの補充・修理・オーバーホールを行わなくてはなりませんでした。

現在の最新機械式ムーブメントを持ってしても、最低3~5年に一度はオーバーホールと点検・オイル補充が必要です。

オメガはいち早くこの問題に取り組み、1978年にイギリス人時計技師ジョージ・ダニエルズが編み出した独自の機構、コーアクシャルに着目、1993年にジョージ・ダニエルズから技術を取得、全く新しい機械式ムーブメントの開発に乗り出します。

3~5年の間にオーバーホールによるメンテナンスを必要としていた機械式ムーブメントを、オメガはコーアクシャル機構を備えた機械式ムーブメントを新たに開発することで、パーツの摩耗を最小限に抑え込み、劇的にムーブメントの寿命を延長することに成功、推奨オーバーホール期間を8~10年と従来の2倍以上に延長します。

また、コーアクシャルムーブメントは時計の精度に大きな影響を及ぼす、外部からの磁気帯にも対策を施し、従来まで約54%の機械腕時計が精度を損ねていた原因の磁気帯びを、独自のアイディアで非磁性ムーブメントに仕上げ、1999年、コーアクシャルムーブメントは見事製品化されることになるのです。

しかし、最強の耐久性と精度を誇るコーアクシャルムーブメントを持ってしても、定期的なメンテナンスから完全に開放された訳ではなく、メンテナンスまでの期間は長いですが、オーバーホールは必ず必要です。

現在、コーアクシャルムーブメント搭載モデルのメンテナンス・オーバーホールについては、全国の腕時計販売店が窓口となり、正規サービス・オメガ 東京カスタマーサービスが作業を担当する形になります。

さらにオーバーホールの納期や価格を抑えたい人には、高い技術を持ち、信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼する手段もあり、おすすめの方法です。

ここでは、オメガのコーアクシャルムーブメント搭載モデルに関するオーバーホールについて、正規サービスの対応と腕時計修理専門店の対応に関する違いを紹介していきます。

コーアクシャルムーブメント搭載モデルの腕時計をすでに所有している方も、新たに購入を検討中の人にも耳寄りな情報がありますので、是非この機会に目を通してください。

オメガ・コーアクシャルムーブメント搭載のモデルをベストな状態で使用するには、どのタイミングでメンテナンスに出すべきか

画期的な独自のムーブメント機構を持つコーアクシャルムーブメント搭載モデルを、良好なコンディションで使い続けるためには、メンテナンスに出すタイミングはどう判断するのでしょうか。

全国の正規輸入販売店や正規サービス・オメガ 東京カスタマーサービスでは、コーアクシャルムーブメントは、驚異的な耐久性を誇り、オーバーホールの周期は8~10年周期で良いと案内しています。

正規サービスへコーアクシャルムーブメント搭載モデルをオーバーホール依頼した場合どのくらい納期や料金がかかるのか

独自設計で高度なメカニズムを持つコーアクシャルムーブメント搭載モデルを、正規サービスにメンテナンスを依頼すると、どのくらいの期間と料金がかかるでしょうか。

脱進機の摩擦を軽減するオメガ独自採用の技術コーアクシャル・エスケープメントが施されたコーアクシャルムーブメントは、従来3~5年に一度だったオーバーホール・メンテナンス寿命を8~10年と飛躍的に延長しました。

しかし、オーバーホールは腕時計にとって宿命ともいえる作業であり、コーアクシャルムーブメントも同様で決して不要になったわけではありません。

そのため現在‭オメガではオーバーホール作業に加え、磨耗部品交換・外装ケース・ブレスレット研磨・洗浄作業もセットにした、コンプリート メンテナンス サービスと呼ばれる優れたサービスを提供しています。

ここではコーアクシャルムーブメント搭載モデルの、正規サービス コンプリートメンテナンス サービス料金を見てみることにしましょう。

コーアクシャルムーブメント仕様 コンプリートメンテナンスサービス料金
機械式自動巻きムーブメント 105,600円
機械式自動巻きクロノグラフ 153,000円

このような料金で、主な作業内容はムーブメントの分解・磨耗部品の交換・洗浄・調整、組立・注油・機能確認、防水検査・機能及びケース・ブレスレットの洗浄・外観及び動作の最終検査になっています。

納期については約1ヶ月~2ヶ月以上となっており、特殊機能付きや部品スイス取り寄せ・修理スイス送りの場合は、納期が長くなりますので注意が必要です。

また、オメガカスタマーサービスでコンプリート メンテナンス サービスを受けた時計には、24ヶ月の動作保証が付き、正規輸入販売店、オメガ東京カスタマーサービスどちらでも受付してくれるので、アフター内容も充実しており安心できます。

正規サービスへコーアクシャルムーブメント搭載モデルのオーバーホールを依頼するメリット

  • オメガ独自開発の特殊ムーブメントの為正規サービス専門技師が作業を担当する
  • コンプリート メンテナンス サービスでオーバーホール作業に加えケース・ブレスレットの洗浄等細やかなサービスが施され内容も充実
  • コンプリート メンテナンス サービス完了後24ヶ月の動作保証が付きアフターサービスも良い

直接正規サービスへ問い合わせをしたい場合

オメガ東京カスタマーサービス 〒104-8188 東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエックセンター5F TEL:03-6524-7300 電話受付:平日9:30~18:00 土日祝日休み 来店受付 : 月-土11:00~20:00, 日・祝日11:00~19:00

出典:オメガカスタマーサービス公式

コーアクシャルムーブメント搭載モデルを迅速且つお得な料金でオーバーホールしてくれる腕時計修理専門店

オメガ・コーアクシャルムーブメント搭載モデルをオーバーホールしたい場合、納期や料金等もろもろの事情で正規サービスを利用せず、他のオーバーホール先を探している場合は、優秀な技術を持った信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼する方法がおすすめです。

しかし、コーアクシャルムーブメントはオメガ独自開発の特殊な構造をしており、腕時計修理専門店によっては、オーバーホールを断っている修理店もあります。

時計修理専門店のメリットは正規サービスより安くオーバーホールの依頼が可能なことですが、デメリットは修理店によって時計修理の技術にバラつきがあり、優秀な技能士を抱えた修理店でなければ特殊な構造の機械式腕時計等はメンテナンスできない事が挙げられます。

そのため優秀な技術を持った技術士が在籍する修理店へお願いするのが大変重要です。

修理専門店によってオーバーホール料金にバラつきがありますが、平均相場をオメガ正規サービス料金と比較してみましょう。

コーアクシャルムーブメント仕様 コーアクシャルムーブメント・受付可能修理専門店 メーカー依頼
機械式自動巻きムーブメント 33,000~44,000円(要相談) 105,600円
機械式自動巻きクロノグラフ 55,000~60,500円(要相談) 153,000円

このような料金相場で、コーアクシャルムーブメントをメンテナンスできる施設や技能士を確保した修理店であれば、正規サービス料金と比較するとかなりお得な料金設定で魅力があります。

納期の方も正規サービスだと最低約1ヶ月以上かかるところを約4~5週間で納品してくれるので、かなり便利で利用しやすいです。

しかし、腕時計修理専門店へお願いする場合は、コーアクシャルのような特殊構造のムーブメントに造詣の深い、経験豊かで優秀な技能士が在籍する、確かな修理店へ依頼することが必須で、注意しなくてはなりません。

コーアクシャルムーブメントをオーバーホール可能な高い専門技術を持った腕時計修理専門店と出会う方法

日本には長い歴史で培われた、時計大国スイス・ドイツと肩を並べる腕時計製造・修理の技術力があり、そのレベルは世界最高品質といわれています。

さらに腕時計技術士の数も多く、選択に悩むほどの腕時計修理専門店があり、一見簡単にオーバーホールや修理ができると考えがちです。

しかし、本当に信頼できる高度な技術を持った技術士が在籍する腕時計修理専門店となると、数は非常に少なく、見つけ出すのにかなりの労力を費やすことになります。

さらにコマーシャルや店舗の規模などでは、どこの修理店が本当に高い技術を持っているのか情報が乏しいので、自分でインターネットやSNSの実際に修理店に依頼した人の口コミを見るとか、その修理店に在籍している腕時計技能士の取得している資格に着目するのが一番確実な方法です。

しかも、オメガ・コーアクシャルムーブメントのような特殊技術を駆使して製造されたムーブメントの場合、確かな技術と経験が必要になり、有資格者であることは絶対条件と言ってよいでしょう。

幸い日本は腕時計技術士が取得可能な国家資格があり、名称が時計修理技能士という資格で、目的は腕時計技術士の技術向上にあり、3級から資格がスタートし、2級、1級とグレードが上がり、最上資格は1級腕時計修理技能士になります。

1級腕時計修理技能士は権威も高く最も取得困難な難易度の高い資格になっており、優秀な修理専門店を見極める一つの目安になるでしょう。

特にオメガ・コーアクシャルムーブメントのように精密・独自構造を備えたムーブメントは、1級腕時計修理技能士でなければメンテナンスは困難と言えます。

ですが実際のところ受付作業で、必ず優秀な1級腕時計修理技能士が自分の腕時計を担当してくれるとは限らないので、店舗に来店した際には必ず担当技術士に詳細を確認することが必須となります。

コーアクシャルムーブメント搭載モデルを優秀な腕時計修理専門店にオーバーホール依頼するメリット

  1. 腕時計修理店によってはオーバーホールを断られる場合がある
  2. 作業可能で優秀・経験豊かな1級腕時計修理技能士が担当すれば正規サービスと同品質でオーバーホール可能
  3. 受付可能修理店の場合正規サービスより納期が早く低価格で高品質なオーバーホールが期待できる

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

正規サービス以外でオメガ・コーアクシャルムーブメントのオーバーホールを検討する場合は作業経験が豊富な高い技術を持った技能士が在籍する腕時計修理専門店を選択する事

オメガ・コーアクシャルムーブメントのような自社製で独自構造のムーブメントと、専門的な耐磁性能を備えたケースを搭載する腕時計をオーバーホールするには、正規輸入販売代理店を通して正規サービスへ依頼するのが普通です。

しかし予算や納期などもろもろの理由から、正規サービス以外にオーバーホール先を探している場合には、コーアクシャルムーブメントのメンテナンスが受付可能な、優秀な腕時計修理専門店へ依頼するのがおすすめの方法になります。

しかし、腕時計修理専門店の場合は、受付可能であっても技術にバラつきがあるので十分に注意・検討を怠らず、信頼の置ける技術の優秀な修理店を選択することが最も大切です。

そのため事前にできる限りの情報を集め、腕時計修理専門店に関する基礎知識を十分に身に付けてから、間違いのない修理店を選ぶようにすることが必須となります。

依頼後に品質で後悔することの無いように、本当に信頼の置ける腕時計修理店を見つけ、匠の技術を持つ本物の腕時計修理技能士が手掛ける、オメガ・コーアクシャルムーブメント搭載モデルの高品質なオーバーホールを体験してください。

入力内容の確認

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています