2023.6.21

2023.6.21

クロノスイス腕時計のオーバーホールには、正規サービスと腕時計修理専門店、どちらがおすすめ?

array(2) {
  [0]=>
  object(WP_Term)#12595 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(315)
    ["name"]=>
    string(30) "クロノスイス/CHRONOSWISS"
    ["slug"]=>
    string(11) "chronoswiss"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(315)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(1)
    ["count"]=>
    int(1)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(2) "69"
    ["cat_ID"]=>
    int(315)
    ["category_count"]=>
    int(1)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(30) "クロノスイス/CHRONOSWISS"
    ["category_nicename"]=>
    string(11) "chronoswiss"
    ["category_parent"]=>
    int(1)
  }
  [1]=>
  object(WP_Term)#12589 (17) {
    ["term_id"]=>
    int(1)
    ["name"]=>
    string(6) "時計"
    ["slug"]=>
    string(5) "watch"
    ["term_group"]=>
    int(0)
    ["term_taxonomy_id"]=>
    int(1)
    ["taxonomy"]=>
    string(8) "category"
    ["description"]=>
    string(0) ""
    ["parent"]=>
    int(0)
    ["count"]=>
    int(451)
    ["filter"]=>
    string(3) "raw"
    ["term_order"]=>
    string(3) "160"
    ["cat_ID"]=>
    int(1)
    ["category_count"]=>
    int(451)
    ["category_description"]=>
    string(0) ""
    ["cat_name"]=>
    string(6) "時計"
    ["category_nicename"]=>
    string(5) "watch"
    ["category_parent"]=>
    int(0)
  }
}
クロノスイス/CHRONOSWISS
クロノスイスのロゴ

腕時計が開発されてからすでに150年弱の歴史が経過しましたが、現在の腕時計の進化と発展に大きな役割を果たした国は、世界時計大国と呼ばれるスイスとドイツの二か国です。

世界的な知名度では時計王国・スイスが有名ですが、スイスに劣らぬ優秀な時計職人を数多く輩出し、その徹底したクラフトマンシップで多くの名作腕時計を現在も作り続けている存在は、メイド・イン・ジャマーニー、ドイツ製腕時計になります。

ロレックスや雲上5大ブランドなどを抱えるスイスに比べドイツの腕時計は地味な印象がありますが、A.ランゲ&ゾーネ、グラスヒュッテ オリジナル、ジン、ユンハンスなど名ブランドをいくつも輩出し、マニアや通の間では評価の高い時計大国です。

ドイツの腕時計はマニュファクチュールブランドが多く、創成期から現在においても、徹底した自社一貫製造で生産された新進気鋭のブランドが生まれています。

世界中がクォーツ式腕時計人気で最高潮に達していた1983年、優秀な時計技師・起業家であったゲルト・R・ラングが世界に再び機械式腕時計の良さを世に広めるため、ドイツ・ミュンヘンに時計工房を設立、クロノスイスと名付けられた工房から最初に送り出された腕時計は、月齢表示と透明なクリスタルケースバックを備えた世界初の機械式クロノグラフ腕時計でした。

さらにクロノスイスは海洋計器やラジオ放送局、時計製造基準器等に採用されていたレギュレーター式のディスプレィを腕時計に採用した初の腕時計を開発し、時計展覧会・バーゼルワールドに展示され世界の大きな反響を呼びました。

以後、卓越した機械式腕腕時計製造の技術を進化させ、自社製ムーブメントを全面採用し複雑クロノグラフやスケルトン仕上げ機械式腕時計、ミニッツリピータートゥールビヨンなど、芸術的ともいえるコレクションを次々と創造していきます。

その後クロノスイスは2012年にスイスの起業家ファミリー・エプスタイン家の傘下に入り、アトリエをドイツからスイス・ルツェルンに移設、現在も自社一貫生産で高品質の機械式腕時計を送り出しています。

しかし、高精度・芸術的な完成度を誇る機械式ムーブメントを搭載したクロノスイスのコレクションも、定期的なメンテナンスを怠り使用を続けると、最高の状態を発揮することはできず、精度や動作に異常が起こり、最悪の場合動作しなくなり時計としての役目を果たすことができません。

こうした最悪の事態を避けるため定期的なメンテナンスは必須事項であり、特に防水検査を含んだオーバーホールは数あるメンテナンス作業の中でも基本中の基本といえ、数年に一度必ず行わなくてはならない重要な作業です。

現在、クロノスイス・コレクションのメンテナンス・オーバーホールについては、全国の正規輸入腕時計販売代理店や正規輸入卸元・株式会社栄光時計が窓口となり、クロノスイス・スイス本社が作業を担当する形になります。

また、もろもろの事情で正規サービスを利用しない場合には、高い技術を持ち、信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼する手段もあり、おすすめの方法です。

ここでは、クロノスイスの腕時計に関するオーバーホールについて、正規サービスの対応と腕時計修理専門店の対応に関する違いを紹介していきます。

クロノスイスの腕時計をすでに所有している方も、新たに購入を検討中の人にも耳寄りな情報がありますので、是非この機会に目を通してください。

クロノスイスの腕時計をベストな状態で使用するには、購入後どの時期でオーバーホールに出すべきか

高精度・芸術的な完成度を誇る機械式ムーブメントを搭載したクロノスイスの腕時計を、良好な状態で使い続けるためには、購入後どの時期でメンテナンスに出すべきなのでしょうか。

全国の正規輸入販売店や正規輸入元・株式会社栄光時計では、クロノスイスの腕時計に搭載されている機械式ムーブメントは、最低でも3~5年ごとにオーバーホールが必要と推奨していますので、目安にすると良いでしょう。

正規サービスへクロノスイスの腕時計をオーバーホール依頼するとどのくらい納期や料金がかかるのか

徹底してマニュファクチュールにこだわり、高精度・芸術的な完成度を誇る機械式ムーブメントを搭載したクロノスイス・コレクションを良好に使用するために、正規サービスにメンテナンスを依頼する場合、どのくらいの期間と料金がかかるのでしょうか。

ここではクロノスイス腕時計の正規サービス・オーバーホール料金を見てみることにしましょう。

クロノスイス・搭載ムーブメント仕様 オーバーホール料金
機械式手巻きムーブメント 60,500円~
機械式自動巻きムーブメント 71,500円~
機械式自動巻きムーブメント(ジャンピング・アワー) 82,500円~
機械式自動巻きクロノグラフ 104,500円~
トゥールビヨン・旧型・特殊モデル 要見積り

このような料金設定になっており、作業内容はムーブメントの分解・洗浄・調整、組立・注油・機能確認、防水検査・機能及び外観の最終検査になります。

納期については全てスイス本社での作業になるため約3ヶ月~4ヶ月以上となっており、旧型・トゥルービヨン・特殊機能搭載モデルの場合は、見積り扱いでさらに納期が長くなりますので、余裕をもって依頼するようにしましょう。

正規サービスへクロノスイス製腕時計のオーバーホールを依頼するメリット

  • 製造元のスイス本社へ時計を預けるため安心感が高い
  • 部品交換などが別途発生した場合は100%純正部品が使用される
  • 全てのモデルがスイス本オ社送りになるため納期は長め

直接正規サービスへ問い合わせをしたい場合

クロノスイス・全国正規取り扱い輸入代理販売店・ブティック

栄光時計株式会社 住所:東京都台東区台東4-19-17 TEL:03-3839-2296

クロノスイス・スイス本社問い合わせ先

AFTER-SALES-SERVICE HQ 住所:Chronoswiss AG Löwenstrasse 16b CH – 6004 Luzern TEL:+41 (0) 41 552 21 00(国際電話・日本語対応不可)メールアドレス:luzern@chronoswiss.com(日本語対応不可)

出典:クロノスイス公式サイト

正規サービスより迅速な対応でお得にオーバーホール可能な腕時計修理専門店とは

クロノスイスの腕時計をオーバーホールする際、納期や料金の問題や旧式・トゥールビヨン等の特殊モデルを所持しているなど、もろもろの込み入った事情で正規サービスを利用せず、他のオーバーホール先を探している場合は、優秀な技術を持った信頼の置ける腕時計修理専門店に依頼する方法がおすすめです。

時計修理専門店のメリットは正規サービスより安くオーバーホールの依頼ができる事、デメリットは修理店によって時計修理の技術にバラつきがある事が挙げられ、そのため優秀な技術を持った技術士へお願いするのが重要です。

修理専門店によってオーバーホール料金にバラつきがありますが、平均相場をクロノスイス正規サービス料金と比較してみましょう。

クロノスイスコレクション・搭載ムーブメント仕様 修理専門店 メーカー依頼
機械式手巻きムーブメント 29,000円~ 60,500円~
機械式自動巻きムーブメント 39,000円~ 71,500円~
機械式自動巻きムーブメント(ジャンピング・アワー) 41,800円~ 82,500円~
機械式自動巻きクロノグラフ 49,500円~ 104,500円~
トゥールビヨン・旧型・特殊モデル 応相談・見積り 要見積り

このような料金設定で、正規サービス料金と比較しても、かなりお得な設定になっており魅力的な料金になっています。

納期の方も正規サービスだとスイス本社送りで最低約3~4ヶ月以上かかるところを、約3~4週間で納品してくれるのでかなり便利で利用しやすいです。

ですが、クロノスイス製腕時計は、精密な自社製で独自技術を採用した、完成度の高い機械式ムーブメントを搭載しており、腕時計修理専門店へお願いする場合には、優秀な技術と施設を持った信頼の置ける店舗へ依頼する必要があり、注意して修理店を選択することが必要になります。

信頼の置ける高い技術を持った技術士が在籍する腕時計修理専門店を見つけるには

日本は腕時計製造・修理についてスイスやドイツと並ぶ高度な技術力があり、腕時計技術士の数も多く、選択に悩むほどの腕時計修理専門店があり、簡単に精密構造の海外製機械式腕時計もオーバーホールや修理ができると考えがちです。

しかし、本当に信頼の置ける高度な技術を持った技術士が在籍する腕時計修理専門店となると、数は非常に少なく、見つけ出すのにかなりの苦労を強いられます。

さらにコマーシャルや店舗の規模などでは、どこの修理店が本当に高い技術を持っているのか情報が乏しいため、自分でインターネットやSNSの実際に修理店に依頼した人の口コミを見るとか、その修理店に在籍している腕時計技能士の取得している資格に注目すると良い結果が得られます。

幸い日本は腕時計技術士が取得可能な国家資格があり、名称が時計修理技能士という資格で、目的は腕時計技術士の技術向上にあり、3級から資格がスタートし、2級、1級とグレードが上がり、最上資格は1級時計修理技能士で、権威も高く最も取得困難な難易度の高い資格です。

特に1級時計修理技能士は上級資格として登録されている資格になり、経験豊富な1級時計修理技能士が在籍している修理店は技術が高く信頼が置けるといえます。

しかし実際の作業で、必ず優秀な1級時計修理技能士が自分の腕時計を担当してくれる訳ではないので、店舗に来店した際には必ず、担当技術士と面談を行い詳細を確認することがおすすめです。

クロノスイスの腕時計を腕時計修理専門店にオーバーホール依頼するメリット

  1. 正規サービスに比べ色々と融通が利き相談しやすい
  2. 優秀で経験豊かな1級時計修理技能士が担当すれば海外正規サービスとオーバーホールの品質は同じ
  3. 納期も早く正規サービスより割安な料金で高品質なオーバーホールが可能

腕時計修理専門店への依頼なら
クラフトワーカーズがオススメ!

腕時計修理専門店へ依頼を考えているのであればクラフトワーカーズがオススメです。
クラフトワーカーズでは以下のような特徴があります。
  • 複数の修理専門店にまとめて見積もりがとれる
  • メーカーやデパートよりも料金が安い
  • 最短で3週間と納期が早い
  • 担当する職人が選べる
  • 時計修理技能士1級など全ての職人が資格を保持
  • 修理後の保証が1年間と安心
  • 交換部品があった場合にはメーカー純正部品を使用している
  • 見積・送料が無料

クラフトワーカーズでは、時計情報を記入するだけで複数の修理専門店の優秀な職人に、纏めて見積もりをとり、料金や納期を比較して選ぶことができるサービスです。在籍している職人は全員時計修理の資格を所有しているため一定の技術以上を持ち合わせた職人だけになります。

未熟な人間が時計をメンテナンスする事はありません。

1年間の保証が設けられメーカーより安い金額で優秀な職人にオーバーホールを行なってもらえるので、正規メンテナンスでないとイヤだ!という方でない限りは、是非使ってみてください。

職人を選ぶ事ができる仕組みは、時計修理業界初になります。
クラフトワーカーズの評判を確認する

クラフトワーカーズにまとめて見積りを依頼する

実際にオーバーホールを行う職人とダイレクトにやり取りができるので、不安な事、疑問点を直接職人に聞き解決してから、安心して依頼できます。

           

オーバーホールをご検討の方へ

クラフトワーカーズなら全国どこからでも
安心して依頼ができます。

              クラフトワーカーズの特徴            
  • 修理料金を
    比較できる

    職人全員に一括見積りで
    料金比較ができます。

  • 安心して
    依頼ができる

    わからない事は直接職人に聞いて解決。
    だから安心して依頼ができます。

  • 修理後の
    安心サポート

    全ての時計に
    1年間の動作保証がつきます。

  • WEBから簡単
    「まとめて見積り」

    「まとめて見積り」なら、住所や電話番号の入力なし。時計を送らずに概算見積りを作成します。

  • 資格を持つ
    職人が在籍

    優れた技術でリーズナブルに
    オーバーホールができます。

  • 梱包キットを
    無料提供

    全国どこでも時計の梱包キットを
    無料で提供。
    着払いで修理店へ送るだけ。

       
Now Loading...

Now Loading...

正規サービス以外でクロノスイス製腕時計のオーバーホールを検討している場合は信頼のできる優秀な腕時計修理専門店に依頼するのがおすすめ

クロノスイスのような徹底したマニュファクチュール・一貫した自社製造で完成度が高く、複雑構造の機械式ムーブメントを搭載した腕時計をオーバーホールするには、正規輸入販売代理店を通して正規サービスへ依頼するのが通常です。

しかし、クロノスイスの腕時計は現在正規サービス工房が日本に存在せず、すべてのモデルをスイス本社送りで行っておいるため、正規輸入販売代理店で預かり後、納期がかなり長期に渡り料金も高額になっています。

こういった、予算や納期などもろもろの理由から、正規サービス以外にオーバーホール先を探している場合には、優秀な信頼できる腕時計修理専門店へ依頼する方法がおすすめです。

しかし、腕時計修理専門店の場合は、修理店によって技術にバラつきがあるので十分に注意・検討を怠らず、信頼の置ける技術の優秀な修理店を選択することが重要になります。

そのため事前にできる限りの情報を集め、腕時計修理専門店に関する基礎知識を十分に身に付けてから、間違いのない修理店を選ぶようにすることが必須です。

依頼後に品質で後悔することの無いように、本当に信頼の置ける腕時計修理店を見つけ、素晴らしい匠の技術を持った、本物の腕時計修理技能士が手掛ける高品質なオーバーホールを体験してください。

入力内容の確認

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています